米マイクロソフト株急落、1日で3百数億ドル損失

2006年05月02日 10時39分
 【大紀元日本5月2日】米マイクロソフト社今年第1四半期の利益は予想より低く、株価は先週金曜日に11%急落、1日に300数億ドル損失。

 ビル・ゲイツ会長は先月の胡錦濤中国国家主席の訪米で、同主席を本社に迎えたが、期待されたほどマイクロソフト社の株価には良い影響を与えなかったようだ。BBCの報道によると、マイクロソフトの株価は先週金曜日に取引開始時は27・26ドル、大量の売りに押されて、取引終了時は24・16億ドルとなり、11%低落で1日300億ドルの超損失。マイクロソフト社現在の価値は2500億ドル。

 マイクロソフト社第1四半期の利益は昨年同期より16%増加で29・8億ドルとなったが、市場予測値を下回る。マイクロソフト社が同時に発表した将来予測も人を興奮させない。

 アナリストは、マイクロソフトは依然としてきわめて収益性の高い会社だが、懸念材料は、マイクロソフト社が利益を株主に適切に配当するのかどうかと指摘している。

 マイクロソフトの収入元50%以上はWINDOWS OSとビジネスソフト。OS WINDOWS XPが市場化されてからすでに5年経過、新製品WINDOWS Vistaは2007年に開発完了の見込。

関連キーワード
^