アジア人の好む世界ブランド

2006/06/24 17:21
 【大紀元日本6月24日】エーシーニールセン社が世界42カ国、2万1千人のウェブサイトでの商品購入者を対象に行なった商品販売動向の調査結果によると、世界で最も人気があるブランド商品はラルフローレンで、その次にグッチ、クリスチャン・ディオールとDKNYが並んでいる。

 アジアは世界ブランドの最大消費地域であり、世界最大のブランド商品市場の十カ所のうち、その九カ所がアジア地区にある。アジア地区では、国によって好みのブランドの種類が違う。

 香港と日本は、ルイヴィトン製品の海外最大の消費市場である。

 韓国では、フランスのフェラガモ製品が最も人気が高い。

 フィリピンでは、ラルフローレンの製品が一番売れている。

 中国では、シャネル、ルイヴィトン、ヴェルサーチが消費者に求められている。

 インドでは、アルマーニとヴェルサーチが好まれている。

 その他に、今後購入したいブランド商品について、それぞれヴェルサーチ、ディオール、シャネルであった。

関連記事
注目記事
^