印刷版   

6月26日、米ゼネラル・モーターズ(GM)では約3万5000人が早期退職制度に応募。写真は、記者会見するワゴナー会長兼CEO(2006年 ロイター/Rebecca Cook)

米GM、3万5000人が早期退職制度に応募

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、約3万5000人の従業員が早期退職制度に応募したと発表した。

 GMは、製造部門で3万人を削減する目標について、2007年1月1日までに達成できるとの見通しを示した。以前に発表していた予定を約2年前倒しすることになる。

 元子会社の部品メーカー、デルファイも同様の早期退職勧奨制度を実施しているが、これらの数字にはデルファイの従業員は含まれていない。

(ロイター6月26日=デトロイト)

 (06/06/27 08:44)  





■関連文章
  • カナダ情報局:中共はスパイ活動の本拠(06/06/27)
  • 米債先物投機勘定、2年債のネットショートが過去最高=CFTC(06/06/26)
  • 臓器移植を求め、中国へ渡る米国人患者(06/06/25)
  • 米国:簡単ではなかった異人種間の結婚(06/06/25)
  • 米政治家、中共政権による宗教自由の開放を促す(06/06/25)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)
  • 中国、ミサイル問題で北朝鮮と米国の対話促す=韓国紙(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)
  • 米産牛肉問題、日米政府が事前調査後の輸入再開で合意(06/06/22)
  • 日本政府、米施設の検査後に牛肉の輸入再開で合意(06/06/21)
  • 米国がミサイル防衛システム稼動、北朝鮮懸念を背景に=国防当局者(06/06/21)
  • S&Pとムーディーズ、GMをジャンク級内でさらに格下げ(06/06/21)
  • 米・EUなどがパレスチナ支援案で合意、医療や公益など(06/06/18)