印刷版   

バグダッドでシーア派勢力がスンニ派を銃撃、子供含む40人殺害=警察

 イラクの首都バグダッドで9日、イスラム教シーア派の武装勢力が同スンニ派が多数を占める地区の住民を銃撃し、女性や子供を含む最大40人を殺害した。イラク内務省とバグダッド警察の関係筋が明らかにした。

 バグダッドのヤルムク病院によれば、同病院には少なくとも17人の遺体が収容された。

 バグダッドで発生した宗派間抗争としては最悪規模の被害となっている。


[ロイター9日=バグダッド]

 (06/07/09 23:00)  





■関連文章
  • イラクの原油輸出量、最大で日量190万バレルに拡大=イラク石油相(06/07/05)
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • アルカイダ、駐イラク・ロシア外交官4人殺害を声明(06/06/28)
  • イラク駐留の陸自部隊、サマワより第一次撤収、クウェートに到着(06/06/27)
  • フセイン元大統領の弁護士、殺害される=イラク警察(06/06/22)
  • 小泉首相がイラクに派遣の陸自撤退を表明=公明党代表(06/06/20)
  • イラク特別法廷検察当局、フセイン被告らに死刑求刑(06/06/20)
  • バグダッドで複数の攻撃事件、少なくとも43人が死亡(06/06/18)
  • イラク・アルカイダ組織、ザルカウィ司令官の後継者を指名選出(06/06/14)
  • イラクのアルカイダ組織、新指導者を選出=インターネットで声明(06/06/13)
  • 米軍撤退はイラク政府による統治確立後=ブッシュ大統領(06/06/10)
  • ザルカウィ容疑者、空爆によりイラクで死亡(06/06/09)
  • イラク聖戦アルカイダ組織、戦闘継続を表明(06/06/09)
  • 米軍事法廷当局、イラク駐留の軍用犬訓練下士官に強制労働判決(06/06/04)
  • 米軍、イシャキでのイラク民間人虐殺疑惑を否定(06/06/04)