印刷版   

7月4日、谷垣財務相(写真左)は日銀の金融政策に関しデフレに戻らないためゼロ金利政策の継続で経済を支えてほしいと表明。写真右は福井日銀総裁。6月23日撮影(2006年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

デフレ戻らぬためゼロ金利で経済の援護を=谷垣財務相

 谷垣財務相は、4日の閣議後の会見で、日銀の金融政策に関し、デフレに戻らないため、ゼロ金利政策の継続で経済を支えてほしい、との考えを示した。物価動向については、デフレは着実に改善し、デフレ脱却がだんだん視野に入ってきた、と指摘した。

 日銀短観など一連の経済指標を受けて、市場では、日銀が7月の決定会合でゼロ金利解除の議論を行うとの見方が強まっている。谷垣財務相は「良く見ていかなければならない。決定会合が13、14日にある。それまでに、ぎりぎり(まで)経済や市場の動向を見極めて考えていかなければならない」とした。さらには「今の段階では、デフレに戻らない、景気回復を持続的なものにするために、ゼロ金利継続によって、金融面から経済を支えてもらう必要がある」と述べた。

 7月の決定会合でのゼロ金利解除は時期尚早かと聞かれ、「日銀がどう判断するか、ということもあるし、経済動向は日々変わっていく。日銀の議論を十分見ながら、我々としても日々見ていかなければならない。決め打ちで言っているわけではないが、現段階では、支えてもらう必要があると言っている」と説明した。

 ゼロ金利解除の条件としては「いろいろな数字や数字の背景にある見方もある。そういうものを総合して判断するとしか言えない」と述べた。

 デフレについての認識は「最近の物価動向を総合してみると、まだ、脱却したと言い切れるところまではきていない」との認識を示した。ただ、「着実な改善が見られるのは間違いない。国内民間需要に支えられた景気回復が続いている中で、デフレからの脱却が段々視野に入ってきたということ」と評価し、物価の基調や背景にある経済の動きを良く見ながら判断していくと語った。

 3日に公表された日銀短観を受けた景気認識については「景気は回復しているというこれまでの認識に沿ったもの」としながらも「企業の業況判断は改善が見込まれているが、依然として、原油価格や海外経済動向は良く注意する必要がある」と指摘した。

(ロイター7月4日=東京)

 (06/07/04 12:50)  





■関連文章
  • サッカー=中田が突然の現役引退、半年前から引退を決意(06/07/04)
  • 緊急アンケート:ゼロ金利解除7月予想増加、短観受け(06/07/04)
  • 尖閣諸島周辺に中国調査船(06/07/03)
  • 6月日銀短観、大企業製造業・業況判断DIは+21(06/07/03)
  • 在留台湾人評論家:「中国経済は、展望がない自転車操業」(06/07/02)
  • 【ことばの豆知識】じゃんけん(06/07/01)
  • 中国経済の現在の成長スピードは速過ぎる=国家発展改革委副主任(06/06/30)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 5月全世帯消費支出は前年比で実質‐1.8%=総務省(06/06/30)
  • 5月全国消費者物価は前年比+0.6%=総務省(06/06/30)
  • 5月鉱工業生産は‐1.0%、上昇傾向との判断維持(06/06/29)
  • インタビュー: 企業業績の上方修正が相場回復のきっかけに=Mスタンレー(06/06/29)
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • 沖縄駐留米軍、「パトリオット‐Ⅲ」を年内初度配備か(06/06/27)
  • インタビュー:7月会合では情勢判断重要に=水野日銀審議委員(06/06/27)