自転車レース=ツール・ド・フランス、メルカドが山岳で区間V

2006年07月13日 13時38分
 世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは12日、第10ステージ(カンボ・レ・バン―ポー間、距離190キロ)の山岳を行い、ファンミゲール・メルカド(スペイン)が4時間49分10秒のタイムで、今大会最初の山岳ステージでの優勝を飾った。

 シリル・デッセル(フランス)は2位、イニーゴ・ランダルーチェ(スペイン)が3位に入った。

 この結果、総合争いは、デッセルが首位、メルカドが2位に浮上。これまでトップだったセルゲイ・ゴンチャール(ウクライナ)は3位に後退した。

 第93回目となる今大会は、全20ステージ、合計3657キロのレースとなる。

 [ロイター7月12日=ポー(フランス)]
関連キーワード
^