印刷版   

東証、みずほ証から誤発注での損害賠償金404億円の請求受ける

 東京証券取引所の西室泰三社長は22日の定例会見で、ジェイコム株式売買の誤発注問題をめぐり、みずほ証券から404億円の損害賠償を求める催告書を18日に受けたことを明らかにした。

 催告書では支払期限を9月15日としているが、西室社長は「損害賠償金の支払いに応じる用意はない」としている。みずほからの催告書には、期限までに支払いがない場合、民事訴訟などの法的手段を取ることが明記されているという。

 みずほ証券と東証は、昨年12月の誤発注発生以降、損失負担などを巡り計11回の意見交換を行ってきたが、西室社長は「あまりにも問題についての考え方が違った。みずほ証券側は話し合いでの解決が不可能と判断したようだ」としている。

 みずほ側は、誤発注を取り消せなかった東証のシステムに問題があったとしているが、東証側は故意、重過失でない場合は免責されるという規定に沿って、損害賠償を拒否する姿勢。西室社長は「今後は弁護士と相談し、こちらの見解を出す」としている。



[ロイター22日=東京]

 (06/08/22 20:49)  





■関連文章
  • 東証と韓国取引所、市場間連携プロジェクトに関する覚書を締結(06/07/07)
  • 在日中国系企業、ネットで大量の海賊版映像作品を公開(06/06/17)
  • 村上代表逮捕の影響は限定的=東証社長(06/06/05)