印刷版   

8月2日、米国立ハリケーンセンターは大西洋上にある熱帯性暴風雨「クリス」が24時間以内にハリケーンに発達の恐れがあると発表。写真は2日、1415GMT現在の「クリス」の衛星写真。米海洋大気局提供(2006年 ロイター)

熱帯性暴風雨「クリス」、24時間以内にハリケーンに発達の恐れ

 米国立ハリケーンセンターは2日、大西洋上にある熱帯性暴風雨「クリス」が勢力を強め、24時間以内に今季初のハリケーンに発達する恐れがあると発表した。 

 進路予想のコンピューターモデルによると、クリスがフロリダ南端部を通過して7日午前にメキシコ湾に到達し、メキシコ湾岸の主要石油・ガス生産施設に進む恐れがある。他のモデルでは、西に進路を取り、メキシコのユカタン半島に向けて進むとみられている。

 米東部時間午後2時(日本時間3日午前3時)時点で、クリスはセントトーマス島のおよそ100マイル北東に位置し、最大風力はおよそ時速65マイルとなっている。



[ロイター2日=ニューヨーク]

 (06/08/03 11:06)  





■関連文章
  • サンフランシスコ市議会、法輪功迫害を非難する議案を可決(06/02/03)
  • 世界各地のクリスマス前夜(05/12/25)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)
  • 天意に従い、洪水を治める(05/10/02)
  • 米ハリケーン「リタ」、避難する車で大渋滞(05/09/23)
  • ハリケーン「リタ」、最大級カテゴリー「5」へ(05/09/22)
  • 中共の生存史における米国の救済役 四度目の正直(05/09/17)
  • ハリケーン襲来で助け船失った胡錦濤政権(05/09/16)
  • 胡主席カナダに、提訴された幹部は訪問団から除外(05/09/11)
  • ハリケーン被災地対応のため、米中首脳会談が延期(05/09/05)
  • ハリケーンで死者数千か、ニューオーリンズから市民撤退(05/09/01)