印刷版   

多くの国々に被害与えたと反省=歴史認識で安倍官房長官

 安倍官房長官は午前の記者会見で、歴史認識について聞かれ「先の大戦によって塗炭の苦しみがあった。多くの国々の国民に被害を与え、傷あとを残したことに対する率直な反省の中で、平和で民主的な国をつくってきた」との考えを述べた。また「戦争の歴史的な評価は歴史家に任せるべきだ」と指摘した。

 さらに日本政府が戦中、戦前の植民地支配などについて公式に謝罪した1994年8月の「村山談話」については、「歴史的な談話」と位置づけた。

 ただ、歴史認識に関して「政権が代わるたびにいちいち談話を出す必要はない」とし、「新政権ができて認識を問われれば、その時に新総理が考えを述べる」と語った。

 [ロイター7日=東京]

 (06/09/07 14:18)  





■関連文章
  • 自民党総裁選で財政再建の議論深める必要=谷垣財務相(06/09/01)
  • 法卡山領土紛争:中国・ベトナム、分割合意(06/09/01)
  • 金総書記専属料理人の証言:総書記専用の地下核シェルターが10年前に開設(06/08/28)
  • 安倍政権の幹事長候補は中川、古賀、久間、額賀の各氏=森前首相(06/08/13)
  • 米国はイスラムのファシストと戦争状態=ブッシュ大統領(06/08/11)
  • イラクは対テロ戦争の中心地=マリキ首相(06/07/27)
  • 道路特定財源の一般財源化、2007年度予算編成で対応=安倍官房長官(06/06/28)
  • 南北離散家族、北領域内の金剛山で50年ぶりの再会(06/06/21)
  • 北朝鮮ミサイル発射なら日米で厳しく対応=官房長官(06/06/19)
  • ブッシュ大統領、米陸軍士官学校卒業式で、反テロ戦争収束の決意表明(06/05/30)
  • 日中外相会談、率直な意見交換は有意義=官房長官(06/05/24)
  • 日本経団連の御手洗新会長、しっかり指導力を発揮すると期待=官房長官(06/05/24)
  • 韓国拉致被害者の家族、28日来日、安倍官房長官を表敬訪問(06/05/24)
  • 米政府:中共の送還要求拒否、新疆ウイグル族イスラム教徒捕虜釈放、アルバニアへ(06/05/08)
  • 北朝鮮、朝鮮戦争の賠償金数十億米ドルを韓国側に要求(06/01/10)