印刷版   

11月21日、レバノンのジュマイエル産業相、ベイルート郊外で銃撃受け死亡。撮影日不明。資料写真(2006年 ロイター/Mohamed Azakir)

レバノン産業相、ベイルート郊外で銃撃受け死亡

 レバノンの反シリア派キリスト教勢力の有力者であるジュマイエル産業相が21日、首都ベイルートの郊外で銃撃され、搬送先の病院で死亡した。産業相はジュマイエル元大統領の息子。

 レバノンではシーア派民兵組織ヒズボラ主導の親シリア派と反シリア派の対立が深まっており、この事件で緊張が高まるとみられている。

 目撃者によると、襲撃者の車がジュマイエル産業相の車に体当たりし、銃撃を加えたという。現場はキリスト教地区で、襲撃者は少なくとも3人だったもよう。

[ベイルート 21日 ロイター]

 (06/11/22 09:59)  





■関連文章
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)
  • 再送:ベイルートの国連本部付近でロケット弾攻撃、4人が軽傷(06/10/16)
  • イスラエル軍、レバノンからの撤退を完了(06/10/01)
  • イスラエル、レバノン空路封鎖を解除(06/09/08)
  • 国連事務総長、イスラエル兵解放交渉で仲介者指名へ(06/09/05)
  • イスラエル首相、レバノン封鎖解除要求を拒否(06/08/31)
  • ヒズボラ拘束のイスラエル兵、赤十字への引き渡し希望=国連事務総長(06/08/29)
  • EU、レバノンへの部隊派遣めぐり25日に緊急外相協議(06/08/23)
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)