米司法省、国内テロ対策部門を新設

オルセン米司法次官補(国家安全保障担当)は11日、司法省内に国内テロ対策に特化した部門を司法省に新設すると明らかにした。白人至上主義者や反政府活動家の脅威増大に対応するとしている。
2022/01/12 山中蓮夏

なぜ左翼進歩派は家族を破壊したいのか?

マルクス主義者や社会主義者、共産主義者などの左翼やリベラルの間では、家族を弱体化させ、破壊することが方針となっている。それは、彼らの目的がすべての権力を政府に委ねることにあるからである。
2021/11/11

パキスタン「一帯一路」の港で中国人狙う自爆テロ、2人死亡 武装勢力、今後も攻撃継続を示唆

パキスタン地方政府によると、同国南西部グワダルで20日、中国人を乗せた車両を狙った自爆テロが発生した。この事件で現地の子供2人が死亡、少なくとも1人の中国人を含む3人が負傷した。バロチスタンの武装勢力が犯行声明を発表しているが、関係は定かではない。この勢力は、今後も国内の中国人および関係するプロジェクトに対する攻撃を続けることを予告している。
2021/08/22

中共、タリバンに手招き「落ち着けば一帯一路に加わって」 アフガン掌握受けて

アフガニスタンでは15日、反政府武装勢力タリバンが首都カブールの大統領府を掌握し、政権を奪取した。ガニ大統領は隣国に脱出している。この混沌とした政変を、中共官製紙は「平和的な政権譲渡」を強調し、タリバン支配のアフガンに「落ち着いたら一帯一路への参加」の可能性を示唆した。
2021/08/16

米国務長官、イランへの報復なら「合法的な標的に攻撃」を示唆

米国のマイク・ポンペオ国務長官は、米軍がイランで攻撃する可能性のあるどんな標的も、米国の利益を保護するためだけに組織された合法的な標的に限定するだろうと述べた。長官は1月5日の米ABCのインタビューで、イランが米国に攻撃した場合の報復について語った。
2020/01/06

憲法9条には先見性がなかった 日本には正規軍が必要=米専門家

共産主義に詳しい米専門家はこのほど、日本が主権を失った統治下のなか、国会が採択した日本国憲法9条について「先見性がなかった」と分析を示した。彼は、安全保障上かつてない危機的な情況にある日本が、米国と協力して地域の平和と安定を確保するため、また自国民を保護するためには正規軍が必要だと主張した。
2019/07/03

NZモスク襲撃のテロ犯、共産党政権の中国を支持

ニュージーランド中部クライストチャーチの銃乱射テロ事件を起こした、オーストラリア人のブレントン・タラント容疑者(28)は、共産党政権の中国を、最も思想価値の近い国として支持していることがわかった。
2019/03/20

印でボイコット・チャイナ拡大 パ武装勢力の国連制裁反対で

インドでは中国製品のボイコット運動が拡大している。国連常任理事国である中国が最近、パキスタン武装勢力の制裁要請を拒否したためだ。インド政府は、テロ組織の活動を容認する中国側の姿勢に「失望した」と述べている。
2019/03/19

フィリピン軍、過激派掃討は終盤 テロ勢力は動画で参戦呼びかけ

イスラム過激派組織に占領されたフィリピン南部の都市・マラウイを奪還するため、フィリピン軍は航空機や装甲車を含む重装備を投入している。数か月の戦闘で過激派戦闘員の大半が射殺され、政府軍の戦況は良好だ。一方で、イスラム国が東南アジアのムスリムに対しフィリピン軍と戦うよう呼びかける動画を公開したことから、イスラム過激派が東南アジアに主軸を移す恐れも指摘されている。日本のシーレーンが通過する地域での過激派組織の動きには警戒する必要がある。
2017/09/18

中国公安、新疆で「テロへ総攻撃、大きな成果」 パリ襲撃を利用か

中国公安部は最近、ミニブログの投稿のなかで、パリ同時多発テロ事件に触れながら、公安部が「イスラム過激派のテロ集団」が潜むと断定する新疆ウイグル自治区で「大きな成果を上げた」と異例のアピールをした。しかし具体的な内容については明かしておらず、この投稿はまもなく削除された。
2015/11/18

「中国政府への報復」タリバン組織 パキスタンで中国人観光客を殺害 

 【大紀元日本3月3日】パキスタン警察当局によると29日、同国ペシャワル市内で中国人女性観光客と同伴男性が襲撃され、死亡する事件が起きた。同日、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」は
2012/03/03

12人テロ容疑で逮捕=英ロンドンなど3都市で

 【大紀元日本12月21日】AP通信によると英国テロ対策警察は20日、休暇シーズンを狙ったテロ計画の容疑で、ロンドンを含めた3つの都市で早朝、12人の男を逮捕したと発表した。 テロ対策警察本部の副長官
2010/12/21

プーチン大統領、対独勝戦記念日に国内過激派を譴責

 【大紀元日本5月11日】ロシアのプーチン大統領は、対独勝戦記念日にあたる9日の閲兵式で、国内のネオナチと右翼過激派に警告を与える演説を行った。演説の中で「(人種偏見は)世界を滅亡へと導き、ロシアは看
2006/05/11

パレスチナ評議会選挙、過激派が勝利、中東和平が懸念

 【大紀元日本1月27日】イスラム原理主義組織ハマスは、パレスチナ評議会選挙で過半数を獲得し勝利した。自治政府の新内閣を組織することになるが、停滞中の中東和平が新たな混乱に陥るとみられる。 選挙管理委
2006/01/27