印刷版   

レバノン軍、ベイルートでの緊張の高まり受け兵士を増強

 レバノン軍は4日、首都ベイルートに配置する兵士を増員した。親シリア派による反政府デモでイスラム教シーア派のデモ参加者1人が死亡し、宗派間抗争に発展する恐れが出たため。

 アジア連盟のムーサ事務局長は、衝突が悪化する恐れがあると警告、ベイルートを訪れた際にレバノン当局者と解決策を協議したことを示唆した。

 治安筋によれば、軍は、シーア派が首都中心部に向かう際に通るスンニ派地区で兵力を拡大した。政府の支持基盤であるこれらの地区では3日、住民とデモ参加者の間で衝突が起き、デモ参加者の男性1人が銃殺された。

 首都中心部では、シーア派民兵組織ヒズボラの主導で、欧米寄りのシニオラ政権転覆を狙った座り込みストライキが行われている。

[ベイルート 4日 ロイター]

 (06/12/05 12:57)  





■関連文章
  • 米イラク首脳会談、イランとの協議検討へ=米政府(06/11/28)
  • 米英など同盟軍、サウジ石油施設への攻撃に備え海上警備を展開(06/10/28)
  • イスラエル、ガザのエジプト境界付近を再占拠の構え(06/10/23)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • 米原油先物が73ドル台に反落、イスラエル・レバノン停戦合意などで(06/08/14)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)