印刷版   

12月11日、地球温暖化で北極の氷が早ければ2040年の夏にも溶けて無くなる可能性があるという。写真は北極海に浮かぶ氷。提供提供(2006年 ロイター/Fish and Wildlife Service Alaska Image Library)

北極の氷、2040年には無くなる可能性=米研究者

 地球温暖化により、北極の氷が早ければ2040年の夏にも溶けて無くなる可能性があるという研究結果が明らかになった。米国の研究チームが12日付の学術誌「Geophysical Research Letters」で発表する。

 米コロラド大学にある国立雪氷データセンター(NSIDC)のマーク・セレズ氏は、地球温暖化の影響が深刻になりつつあると指摘。また国立大気研究所(NCAR)のマリカ・ホランド氏は、温暖化によって北極の氷が遅いペースながら着実に減っていき、向こう20年以内に劇的な「転換点」を迎えるとの予想を示した。

 研究によると、北極海の氷が縮小する速度がこの20年のうちにこれまでの4倍にまで速まるおそれが確認されたとしている。また、スーパーコンピューターを使った試算では、最短で2040年夏には北極点の氷さえ溶けてしまう可能性が示された。

[サンフランシスコ 11日 ロイター]

 (06/12/13 08:05)  





■関連文章
  • 国際エネルギー機関発表:中国、2009年世界で最も深刻な大気汚染国(06/11/20)
  • ミスアース各国代表、水着姿で「環境対策」呼びかけ(06/11/10)
  • 水の都ベニス、水害の危機に直面 30年後には無人の恐れも(06/09/08)
  • 地球温暖化:水没の危機に直面する上海(06/08/18)
  • 環境専門家:中国、水不足の危機状況はもっとも深刻(06/06/08)
  • 今年も「クール・ビズ」、小池環境相デザイン「風呂敷」でアピール(06/05/21)
  • ツバル国、海に飲み込まれる恐れ(06/03/25)
  • 欧州は5千年来最も深刻な異常気象に直面した(06/03/04)