【台湾通信】TAIPEI 101の年越し花火ショー

2007年01月08日 11時37分
 【大紀元日本1月8日】台湾は、2007年1月1日零時に、TAIPEI 101ビルの花火ショーで、世界の人々と一緒に新年を迎えました。この花火ショーのために、日本のソニーが台湾元3,200万ドルという高額の出資を受け入れました。わずか188秒の花火ショーですが、ソニーは、超高層のスポットであるTAIPEI 101を狙い、メーカー名と商品名を打ち出し、華やかな「広告」パフォーマンスを演じて、世界の注目を集めました。

 昨年は、同じくソニーが台湾元2,000万ドルでこの花火ショーを引き受けており、今年はさらに高価な花火のイメージを演出することができました。

 世界とともに歓声があがったTAIPEI 101花火ショーで、人々は新しい気持ちで新年を迎えられたことでしょう。

 年始に際して、世界の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

※TAIPEI 101ビルは台北市内信義区の大型商業圏にあり、高さ508メートル、地上101 階、地下5 階。TAIPEI 101 は、「台北を全世界へ」 (Bringing Taipei to the world ) の望みの灯台を加えて、2005年時点で世界最高のビルとなった。

※写真はすべて、邱栄金氏(台北)からご提供いただいたビデオ映像から切り取ったものです。この場をお借りして、【台湾通信】へのご提供に感謝申し上げます。

(台湾=記者・蘇燕)



















関連キーワード
^