印刷版   

1月25日、小泉前政権で経済財政担当相や総務相を歴任した竹中平蔵氏(慶応大教授)、日銀は2月に利上げすべきではないとの認識を明らかに。昨年8月撮影(2007年 ロイター/Issei Kato)

日銀は2月に利上げすべきではない=竹中平蔵氏

 小泉前政権で経済財政担当相や総務相を歴任した竹中平蔵氏(慶応大教授)は25日、日本は依然としてデフレーションの状況にあると述べたうえで、日銀は2月の金融政策決定会合で利上げすべきではないとの認識を明らかにした。世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」の合間に、記者団に対して述べた。

 また、竹中氏は日銀は金融政策を遂行する上で目標を公表し説明責任をより明確にすべきと述べ、インフレターゲット導入に言及した。

 日銀は今月の金融政策決定会合で、現行の金融政策維持を決定した。

 同氏は、(2月に)利上げすべきではないと考える理由として、2006年は名目消費者物価の伸び率2%を達成することが彼らの目標だったが、達成は不可能に近くデフレが依然続いていると述べた。政府・日銀は、なぜこうした状況になっているのか説明する必要があるとも語った。

 下げ圧力がかかる円については、目先は金利差がこうした動きを助長すると指摘。そのうえで(円安が行きすぎかどうかは)ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をどう評価するかによる、としている。

[ダボス(スイス) 25日 ロイター]

 (07/01/26 08:10)  





■関連文章
  • 日銀利上げ見送り、政治的影響による印象=ユーログループ議長(07/01/19)
  • 現行の金融政策維持を決定、賛成6・反対3=日銀決定会合(07/01/18)
  • 日銀は18日の政策決定会合で追加利上げ見送りの公算=関係筋(07/01/18)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 11月実質実効為替レートは100.8、円高方向の動きは5月以来(06/12/04)
  • ドル一段安ならマネーの流れに変化も(06/12/03)
  • ソフトバンク新料金、早期追加利上げに逆風との見方も(06/10/24)
  • 年内利上げの可能性を否定できない=福井日銀総裁(06/10/14)
  • 金融政策は日銀が適切に判断=大田経済財政担当相(06/10/03)
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • 大企業製造業・業況判断DI+24、12月予測+21=9月日銀短観(06/10/02)
  • 金利調整はゆっくり進めていく=福井日銀総裁(06/09/22)
  • 米FOMCがFF金利を予想通り据え置き、インフレ懸念は示す(06/09/21)
  • 英中銀、政策金利を4.75%で据え置き(06/09/08)
  • 外需減速で民間エコノミストは先行き懸念、強気の日銀とかい離(06/09/01)