印刷版   

タイのタクシン前首相がメディアに書簡、バンコクでの爆発への関与を否定

 タクシン前タイ首相は、首都バンコクで年末年始に起きた一連の爆発について、軍や暫定政権の関係者が前首相支持勢力の関与を指摘していることを否定するコメントを出した。

 暫定政権は「政権を失ったグループ」が爆発の背景にいると主張。タイ国民の多くは、「政権を失ったグループ」がタクシン前首相とその支持勢力を指すと解釈している。

 昨年9月のクーデターで追放され、現在中国の北京に滞在しているタクシン前首相は、メディアにあてた書簡で、暫定政権が出した見解を批判、「タイ国民の幸福を傷つけたり破壊することや、自分の政治目標のためにタイの信用力を損なうようなことはまったく考えたことない」と強調。また、独自に得た情報として、一連の爆発がタイ南部のイスラム過激派による犯行の可能性があると指摘した。

[バンコク 3日 ロイター]

 (07/01/03 15:14)  





■関連文章
  • 米タイム誌編集長、2006年「パーソン・オブ・ザ・イヤー」ついて語る(06/12/30)
  • 2006年話題の人物、「戦う首相」にカナダ・ハーパー首相=タイム誌(06/12/20)
  • 米タイム誌が選ぶ今年の人、2006年は「あなた」(06/12/18)
  • 中国政府メディアの「異例」報道:多発する集団抗議事件、社会の安定に深刻な影響を与える(06/12/13)
  • フィジーのクーデター、軍が軟禁していた首相を公邸から移送(06/12/06)
  • フィジー、軍部隊がガラセ首相公邸を包囲(06/12/05)
  • タクシン前タイ首相、中国滞在中、帰国のタイミングを探る(06/11/05)
  • 亡命中国高官、強制送還を回避、タイに入国(06/11/04)
  • タクシン前首相、現在中国に滞在=タイ国家治安評議会議長(06/11/02)
  • タイ南部で爆弾が爆発、1人死亡・11人負傷(06/10/23)
  • タイ暫定政府、戒厳令解除に向け軍との協議を模索(06/10/11)
  • タイのタクシン前首相、旧与党の党首を辞任(06/10/04)
  • ニューヨーク・タイムズ紙=国連における中国当局の影響力(06/10/02)
  • タイのスラユット暫定首相、1週間以内に組閣へ(06/10/02)
  • タイ暫定首相にスラユット元陸軍司令官=民主改革評議会議長(06/10/01)