印刷版   

中国全国社会保障基金理事会、海外投資を強化へ

 中国の全国社会保障基金理事会は、海外金融市場への投資を強化する方針。項懐誠理事長が10日、香港のフェニックスTVのインタビューで明らかにした。

 同理事会は3月末までに16億ドルを海外投資する方針を既に明らかにしているが、さらに強化するという。ただし、詳細は明らかにしなかった。

 同基金が抱える資産は昨年終盤時点で約300億ドル。

 項理事長は、海外に投資する現金を増やす計画かとの質問に対し「水準は確実に上げると思う。時期や追加分の規模については話せない」と答えた。

 [北京 10日 ロイター]

 (07/03/12 09:15)  





■関連文章
  • 中国株市場急落:「暗黒の火曜日」、下落率10年間で最大、世界主要株式市場に影響(07/03/01)
  • 中国株急落、世界的なリスク志向の終えん示唆か(07/02/28)
  • 米国株式市場が急落:識者はこうみる(07/02/28)
  • 利上げ後も株高シナリオ不変、円高に振れず安心感広がる(07/02/22)
  • 利上げなら日本国債への関心高まる可能性=海外専門家(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 中国人民銀行、外貨準備を人為的に抑制=ゴールドマン(07/02/19)
  • 中国は為替改革加速を、戦略対話特使にホルマー氏任命=米財務長官(07/02/14)
  • ワシントンポスト:中共が政策転換、外資の対中投資を制限(07/02/06)
  • 米タイム誌:経済発展した中国、資源の獲得が主要目標(07/01/29)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 07年の中国人民元相場、3‐4%上昇へ=政府系シンクタンク(06/12/26)
  • 経済専門家:人民元の大幅な切り上げ、外資の対中直接投資(FDI)減少を懸念(06/12/26)
  • インドの投資環境は中国より優れている=世界著名投資家ジョージ・ソロス氏(06/12/24)
  • 中国、来年一段の景気抑制策実施へ=エコノミスト(06/12/19)