印刷版   

4月2日、ノルウェーのオスロ空港が、今月1日から税関を機械化にするサービスを開始。写真は昨年4月、同空港内で撮影(2007年 ロイター/Cornelius Poppe/Scanpix)

ノルウェーのオスロ空港、税関が機械化

 ノルウェーのオスロ空港が、今月1日から税関を機械化にするサービスを開始した。

 クリスティン・ハルボシェン財務相は国内紙「アフテンポステン」の取材で「(この機械化により、)犯罪度の高い密輸規制にさらなる人員投入が可能となる」と、語った。

[オスロ 2日 ロイター]

 (07/04/04 08:23)  





■関連文章
  • S・スタローン、輸入禁止品の持ち込みで豪税関が提訴(07/03/14)
  • 香港税関、中国密輸海産物を4トン押収(07/03/04)
  • ノルウェー政府、中国難民11人を受け入れ(06/03/03)
  • 欧州各紙、イスラム預言者の風刺画掲載でテロ誘発か(06/02/04)
  • 繊維製品の数量制限、中国の関連企業に打撃(05/09/18)
  • 中国広東税関:申告漏れ確認通達、各メーカー拒否の方針(05/09/17)
  • 広東省:エボラウイルスまん延の疑い、政府が情報封鎖(05/07/28)
  • 中国出入国の際に、申告書の記入が厳しく義務付けられる(05/07/22)
  • 各国の抗議を無視、中国政府は「外交郵便」を検査(05/07/11)
  • 草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(二)(05/04/26)