不眠のツボ治療法

2007年04月25日 21時16分
 【大紀元日本4月25日】不眠はさまざまな原因がありますが、提示したツボは対症療法としてどのパターンにも使えます。特に、一時的な心身の疲労で起こった不眠に高い効果があります。

 ツボ刺激は、鍼でもよいし、指圧でも効果があります。指圧のコツとしては、ソフトな力で少し長めに押えた方が良いでしょう。30秒力を入れて押え、一旦力を抜いて10秒ぐらい休んで、さらに力を入れて押える。これを繰り返して15分から20分ぐらい治療すれば、よりよい効果が得られるでしょう。

(鍼灸師 甄 立学)
関連キーワード
^