のぼせを治すのに最適な果物は何か

2007年05月04日 08時00分
 【大紀元日本5月3日】「火(のぼせ)」とは何か?漢方医の言い方によると、「火」は六淫(風・寒・暑・湿・燥・火の6種類の病邪の総称)の中の一つであり、一つの病因である。それは心火、肝火、胃火、肺火、腎火などに分けられている。「火」は千変万化するもので、青果を食べたら、「百種の火」を鎮めることができるわけではなく、この中には重要な要素がある。

のぼせを治すにはバナナがよい

 普段人々はのぼせを治すにはバナナを食べるのが最適であると考える。漢方医によると、ハバナは甘・寒で、やや渋く、無毒であり、熱をさげ、のどを潤し、胃を清め、血を冷ませ、便通を良くさせ、血圧を下げ、利尿作用などがある。のどの渇き、便秘などの陰虚、腸の乾燥、あるいは血の熱気、気の巡りが悪い場合に特によい。ただ、もし脾臓と胃が弱く、陽気の足りない人がバナナを食べると、逆効果になり、却ってのぼせがさらに酷くなる。

のぼせを治すにはスイカが最適

 スイカはのぼせを治すのに最適である。以前から「スイカを二切れ食べると、薬はいらなくなる」という言い方がある。スイカはいらだちを緩和し、渇きをいやし、心を養い、神経を鎮める点でとても大きな作用がある。しかし、脾臓と胃が弱くて、寒凝積冷で冷痛のある人、大便がどろどろとし、小便が澄んでいる人には不適切である。

りんごは人体に下記の栄養を与える

1.ビタミンCを提供する。
2.カロチンを提供する。トマトの場合は、主にトマトの紅素である。
3.ポリフェノールのような保健成分を提供する。主に黄色のケトンである。
4.カリウムを提供する。
5.食物繊維を提供する。

ライチを食べすぎると、のぼせやすい

 妊娠している人、出血している人、および蒸し暑く感じる患者がライチを食べすぎると、却っていらだち、のどの渇き、吐き気を催し、力がないなどの、のぼせる症状が現れる。ひどい場合は、出血し、意識不明になる。りんご、ミカンと梨にもこのような状況が見られる。

関連キーワード
^