印刷版   

1日時点の全国ガソリン価格、前週比3.4円上昇

 石油製品の価格情報を扱う石油情報センターが公表した5月1日時点の全国平均のガソリン小売価格(リットル当たり、消費税分込み)によると、レギュラーは134.0円で前週(4月23日時点130.6円)比で3.4円上昇となった。前年12月25日時点(134.2円)以来の134円台乗せとなった。

 ハイオクは144.9円となり、前週(141.6円)比3.3円上昇した。今年1月4日(144.9円)以来の高水準となった。

 灯油の店頭価格は18リットルあたり1383円となり、前週比40円上昇した。

 石油情報センターによると、「石油元売り大手が5月からの卸値を5─6円程度引き上げたことが小売価格に影響した。昨年8月7日時点の大幅値上げ時はレギュラーで前週比6.3円の上昇となったが、今回はゴールデンウイーク連休中のため、相当数のガソリンスタンドが様子見となっていた。今週ぐらいから引き上げるところもあり、5月中は値上げ傾向が続く見通し」という。

 同時に発表された東京都のガソリン小売価格は、レギュラーが135.6円で前週比2.5円上昇、ハイオクが146.6円で同2.5円上昇した。灯油は1480円で同22円上昇した。

[東京 7日 ロイター]

 (07/05/07 17:02)  





■関連文章
  • サウジのアルワリード王子、中国消費・エネルギー部門への投資も視野(07/04/06)
  • 米テキサス州の英BP製油所に爆破予告、従業員が退避(07/02/16)
  • ナイジェリア:石油パイプライン爆発、死者500人(06/12/28)
  • 中国、外国企業への石油製品卸売り市場開放に関する新規則を発表(06/12/07)
  • 韓国ガスと中国海洋石油、LNG調達で提携(06/11/29)
  • ロシア・ロフネスチ社、中国石油天然ガス公司と合弁、中国国内に石油プラント建設(06/11/15)
  • 中国投資のアマゾン地区油田、雇用求める地元住民が占拠(06/11/14)
  • ロスネフチと中国石油天然ガスが合弁、ロシアで原油生産(06/11/12)
  • アルカイダのイエメン支部、9月の石油施設攻撃で犯行声明(06/11/08)
  • OPEC、必要なら12月に追加措置をとる=サウジ石油相(06/11/07)
  • イラン、OPEC減産合意の履行を確認(06/11/01)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • 米英など同盟軍、サウジ石油施設への攻撃に備え海上警備を展開(06/10/28)
  • 日本政府、イラク製油所改良に20億7900万円の円借款供与(06/10/24)
  • 中共当局:チェチェン共和国の再建へ、3億米ドルを投資(06/10/23)