印刷版   

カンヌ映画祭のプレミア上映に出席するセレブら(Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images)

カンヌ国際映画祭が60回目の開催を迎える

  カンヌ国際映画祭が16日に開幕するが、今回は記念すべき60回目の開催となる。初日には、中国人監督の王家衛の初の英語作品「マイ・ブルーベリー・ナイツ」が上映される予定。今作品では、歌手のノラ・ジョーンズが銀幕デビューを飾る。

 コンペティション部門に22作品が出品される中、注目は、米国のクエンティン・タランティーノ監督作品「Death Proof(原題)」。

 同映画祭は、5月16日から27日まで南フランス・カンヌで開催される。

[カンヌ(フランス) 15日 ロイター]

 (07/05/17 11:11)  





■関連文章
  • 信教の自由の最大の侵犯者―中国=米諮問機関(07/05/08)
  • 米映画会社6社、中国での違法コピーDVD裁判に勝訴(07/04/27)
  • 中国:反体制派が次々と出国、北京五輪に軟化姿勢で国際社会にアピールか(07/04/25)
  • 中国に向け衛星放送開始=国際放送「希望の声」(07/03/30)
  • 仏パリ空港:謎の中国人、高級洋酒3本360万円で購入(07/03/26)
  • ドキュメンタリー映画監督が講演、「私は日本のために戦った-台湾寿村の老人たち」(07/03/13)
  • 韓国の仁川国際空港、世界最優秀空港に=国際空港評議会(07/03/13)
  • 米国で「映画を持ち歩ける」バッグが登場(07/03/01)
  • 中国華北地域:濃霧で交通麻痺(07/02/22)
  • 英国人映画監督が講演「チヌリクラン 黒潮の民ヤミ族の船」(07/02/20)
  • 中国の人権悪化、北京五輪精神に違反=米国上院公聴会(07/02/07)
  • 中国当局、大陸作家らのペンクラブ国際会議参加阻止(07/02/07)
  • 男性も本当は「恋愛映画」が好き=米調査(07/02/01)
  • 来日外国人、700万人突破、6割が韓台中(07/01/28)
  • 香港:「中国人権弁護士に関心を寄せるチーム」結成、大陸人権弁護士らを支援(07/01/24)