印刷版   

5月1日、故ロナルド・レーガン元米大統領の在任中の日記が抜粋に続いて完全版も出版されることが明らかに。写真は1991年11月に米カリフォルニア州で撮影(2007年 ロイター/Gary Cameron)

レーガン元米大統領の日記、抜粋に続き完全版が出版へ

 故ロナルド・レーガン元米大統領が在任中につづった日記の抜粋が、1日発行の米月刊誌バニティ・フェアに掲載された。また、今月22日には日記の完全版が、ニューズ・コーポレーション(NWSa.N: 株価, 企業情報 , レポート)傘下のハーパー・コリンズから出版される予定。

 レーガン氏は1981─89年の大統領在任中、1981年に銃撃され入院していた期間を除く毎日、手書きで日記をしたためていた。

 同氏は日記の中で、暗殺未遂事件に関連し「銃撃されるのは痛いものだ」と述べている。

 日記はこのほか、イスラエルのレバノン侵攻への失望やリビアの最高指導者カダフィ大佐への強い関心、兵器削減交渉におけるゴルバチョフ元ソ連大統領との相性、それに息子のロン氏との確執などにも触れている。

[ニューヨーク 1日 ロイター]

 (07/05/02 17:31)  





■関連文章
  • アンネ・フランクのクリの木、腐食のため伐採へ(06/11/16)