印刷版   


「オーシャンズ13」がカンヌで上映、評価に注目集まる

 人気映画「オーシャンズ」シリーズの最新作「オーシャンズ13」が23日、第60回カンヌ国際映画祭でプレミア上映される。これに合わせ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンら豪華出演陣が現地入りした。

 ただ、同映画祭では欧州やアジアの映画のほか、アートシアター系の米映画が好まれる傾向もあり、ハリウッド映画である同作品をカンヌで先行上映するのはリスクもあるという。

 一方、3人は作品の出来に自信を見せている。ブラッド・ピットは記者団に対し「内容が深くて示唆に富むタイプの映画と同様に、純粋な娯楽映画に対しても公正な議論があるよ」と語った。

 同作品は6月に公開される予定。

 [カンヌ(フランス) 23日 ロイター]

 (07/05/24 09:37)  





■関連文章
  • L・ディカプリオ、カンヌ映画祭で環境問題を訴え(07/05/20)
  • カンヌ国際映画祭が60回目の開催を迎える(07/05/17)
  • B・ピット、A・ジョリーのボディーガードの人種差別発言疑惑を否定(06/11/20)
  • A・ジョリー、インド地元紙で最新作「A Mighty Heart」を語る(06/11/19)
  • B・ピット、カーター元米大統領とボランティアに参加(06/11/01)
  • ブランジェリーナ、ナミビア出国(06/06/12)
  • 映画「マリー・アントワネット」に冷ややかな反応も(06/05/25)