印刷版   

インドの未確認生物、観光客誘致の目玉に

 インドのメガラヤ州では、北米の「ビッグフット」やネパールの「イエティ」のような未確認生物を観光客誘致の目玉にしようとの計画が持ち上がっている。

 同州の深い森の中には、全身が毛で覆われたサルのような未確認生物が生息していると信じられている。

 現地の旅行関係者はヒンドゥスタン・タイムズ紙に対し、この未確認生物の目撃情報や大きな足跡などの証拠を、1997年から記録し続けていると語った。

 現地では、800平方キロに及ぶ広大な生物圏保護区を生かし、滝や洞穴などをめぐる「未確認生物追跡ツアー」を計画している。

[ニューデリー 9日 ロイター]

 (07/06/11 12:21)  





■関連文章
  • インドネシアのモルッカ諸島で中規模の地震、負傷者はない模様(07/05/30)
  • 香港民主活動家、ラジオ「希望の声」放送継続をインドネシア政府に呼びかけ(07/05/23)
  • インドの花嫁、相手が「色黒」で結婚を嫌がる(07/05/20)
  • インドの鉄道、立ち往生して乗客が車両を後押し(07/05/17)
  • 【書評の「本」懐】 日本霊地巡礼『観光』(07/05/16)
  • インドネシア:鳥インフルエンザに感染、女性死亡(07/05/09)
  • インド航空「キング・フィッシャー」、エアバスと契約合意(07/05/08)
  • インド映画、日本人女性との「メル友」恋愛が題材に(07/05/02)
  • インドで、泥酔した花婿の代わりに弟が結婚(07/05/01)
  • R・ギア、インドでのキス騒動終結を希望(07/05/01)
  • 北京五輪「聖火リレー」に物申す(07/05/01)
  • インドルピーが9年ぶり高値に上昇、1ドル41.575ルピーを突破(07/04/24)
  • インドネシアとカンボジアで、鳥インフルエンザ患者が相次いで死亡(07/04/12)
  • インド・ボンベイでファション・ショー(07/03/30)
  • インドで「血を流す」キリストの絵が話題に(07/03/22)