中国新疆:主要河川の水が消える、農地耕作を放棄

2007年07月18日 10時06分
 【大紀元日本7月18日】中国北西部の新疆ウィグル自治区のアルタイ(阿爾泰)地区で、持続的な高温により干ばつが発生、ウルングル湖(烏倫古湖)では100日間以上水がなくなり。イルティシュ川も1週間以上に、水流がなくなった。それによる、現地の約1千ヘクタールの農地の耕作が放置されたまま。

 イルティシュ川、長さは2969km。流域面積は1,643,000km²。中国の北氷洋につなぐ唯一の河川。源流は中国のアルタイ山脈南西斜面。新疆の第2大河川。

 昨年末からこれまで、アルタイ地区の降雨量は例年同期と比べ、約半減した。東部地区の降雪量は例年の3分の1も満たない。これまでの記録を刷新した。それに加え、春夏シーズンは高温の天気が続いている。史上前例のない干ばつに直面。

 このような情況の中、ウルングル湖(烏倫古湖)はすでに100日間以上、水がほぼ完全に消えた。現地の1千ヘクタールの農地が耕作できないほか、国家一級保護動物ビーバーの生息環境をも影響している。

 現地の住民は深刻な干ばつに悩まされている。
子供が砂遊ぶしている場所は、川床だった(大紀元資料室)


水が消えたイルティシュ川の川床(大紀元資料室)





関連キーワード
^