大西洋上に熱帯性暴風雨、ハリケーンに発達か

2007/08/15 10:26
 米ナショナル・ハリケーン・センターによると、アフリカとカリブ海を結ぶ大西洋上で14日、熱帯性暴風雨「ディーン」が発生。週内にも2007年シーズン初のハリケーンに発達する可能性が出てきた。

 週内にカリブ海東部の小アンティル諸島に達する見込みという。

 米東部時間14日午後5時(日本時間15日午前6時)現在、「ディーン」の中心は小アンティル諸島の東約2237キロの位置にあり、時速34キロ前後で西進している。

 「ディーン」は今後5日で、最大風速は時速204キロとなり、カテゴリー3に発達する可能性があるとみられている。勢力と危険度が最大である大型ハリケーンは、カテゴリー3─5のレベル。

[マイアミ 14日 ロイター]
関連記事
注目記事
^