受動喫煙による死者、400万人の恐れ=中国

2007/09/08 01:00
 【大紀元日本9月8日】英バーミントン大学の張教授(K.K. Cheung)らの研究によると、現在中国の50歳以上の人口2億4千万人の中で、受動喫煙による慢性気管支炎や肺気腫によって、約200万人が死ぬことになると推測されており、受動喫煙による肺がんと心疾患の死者を合わせれば、死者は2倍になるという。

 この研究によると、非喫煙者が毎週40時間、5年間にわたって受動喫煙の状態におかれると、慢性閉塞性肺疾患にかかる率は48%高くなるという。

 張教授の話では、中国で毎年受動喫煙が原因で瀕死になる10万人の症例を研究したところ、その内の45%は肺部の疾患によるものだったという。

 肺疾患を悪化させる原因として、大気汚染や職場環境の要因も含まれている。

 また、中国では毎年190億元(約2850億円)の医療支出が受動喫煙によるものだという。

(翻訳/編集・坂本)

関連記事
注目記事
^