イラク:軍事装備117億円、中国から購入

2007/10/07 09:44
 【大紀元日本10月7日】米紙ワシントン・ポスト(10月4日付)によると、イラクのジャラル・タラバル大統領はブッシュ米大統領との会談期間中の10月3日に、米国に武器の供与の迅速化を求めていることをあきらかにしたが、米国は即時に軍事装備の供給ができないことから、すでに中国より1億米ドル(約117億円)に相当する軍事装備(重火器類以外のもの)を購入したという。各界はタラバル大統領の発言に注目した。

 これまでに公開しなかったイラクと中国の軍事装備取引に、軍事アナリストらは驚いた。アナリストらは、イラクの安全部隊は2004年から2005年までに購買した11万本のAK-47自動小銃を含み、もはや米国側が供給した19万件の武器に満足できなくなったと分析した。

 タラバル大統領は「イラク警察は5人のうち1人しか武器を所持していない」とし、米国側の迅速な軍事装備供給を求めた。報道によると、イラク安全部隊兵士は防弾チョッキ装備を着用しないでオープン軍用車で巡回するのに対して、傍にいる米軍は防弾チョッキを着用し、装甲車に乗っているという。

 情報筋によると、多くの武器はすでにシーア派、スンニ派、反乱者、その他イラク政権の転覆を企む勢力および米兵士を襲撃する勢力に渡っているという。これに対して、シンクタンク「センター・フォ・ディフェンス・インフォーメーション」のベテラン・アナリストのラシェル・ストール氏は、「イラク政府はこれらの武器分配に関して、適切に監督・検査する明確な計画がないことが問題だ」と指摘した。

 ストール氏は「最終的に監視権はイラク政府および軍隊にあるが、イラク側はまだ用意ができていない。米国の武器でなければ、米国は管理できない」と示したが、中国とイラクの軍事装備取引に懸念を示した。

 一方、ブッシュ政権関係者は、「我々は自国軍隊への供給を最優先にし、製造工場は自国軍隊のためにあるから、自動小銃およびその他イラク側が必要とする設備の提供能力は確かにない」とコメントした。

 しかし、米政府関係者は、一部の武器を反乱者の手に渡ることを懸念している。実際、反乱者がすでにイラクの警察部門に潜入した情報が出ている。

 
(記者・馮靜、翻訳/編集・余靜)


関連記事
注目記事
^