印刷版   

中国映画「リンゴ」、条例に触れ上映禁止

 【大紀元日本1月8日】映画「リンゴ」は中国当局の関連規定に違反したとして、国内上映禁止が命じられている。

 中国当局の映画を審査する機構「中国広播電影電視総局」の公告は、同映画の製作や、国際映画祭への参加、インターネットでの公開、音響制作などは、関連の条例に著しく違反しているとし、国内映画館での上映を禁止すると発表した。

 同機構は、同映画の男女のシーンは条例の規定に違反したなどと指摘、プロデューサの方励氏に2年間の業務活動の停止の処分と、制作会社の「北京労雷影視文化公司」に2年間の映画製作禁止を命じた。また、出演する人気女優の範氷氷さんと主演男優には、「厳しく批判し、厳粛な教育を受けさせ、深い反省を求める」という。

 方励氏が制作した映画「頤和園」も、1989年に弾圧された大学生の民主運動「天安門事件」に関連するため、中国当局に上映禁止されていた。その映画のもう1人のプロデューサの耐安氏は、5年間の映画製作禁止を命じられていた。

 映画の英語名は「Lost in Beijing 」。農村からの出稼ぎ労働者・劉リンゴはマッサージ店で働き、店主に強姦されて妊娠した。劉リンゴの彼氏は復讐のため一連のゆすり・脅迫を起こした、が題材とされている。

 BBC中国語ネットは専門家の見解を引用、「同映画が中国社会の暗黒な一面を描き、中国当局の五輪のためのイメージ宣伝に水を差したため、今回の上演禁止になった」と分析した。

 

 
(翻訳/編集・叶子)


 (08/01/08 18:17)  





■関連文章
  • 神韻芸術:映画制作者「ブロードウェイミュージカルよりもすばらしい」(07/12/28)
  • AFP社:最も印象的な写真2007(1)(07/12/15)
  • 男性がスタイリッシュだと思う同性有名人は意外な結果に(07/09/21)
  • ベネチア映画祭、台湾出身アン・リー監督に金獅子賞(07/09/10)
  • 米俳優G・クルーニー、フランスの芸術勲章を受章(07/09/05)
  • R・ギア、北京五輪へのボイコットを呼び掛け(07/09/04)
  • ポケモン人気衰えず、ドル箱化し活況な関連ビジネスも(07/08/23)
  • 「金獅子賞」映画監督・賈氏、国内検閲で難渋(07/08/20)
  • L・ディカプリオ、新作の米国公開に際し環境問題を語る(07/08/20)
  • 中国人気映画の上映禁止、その背後を探る(07/08/18)
  • トム・ハンクス、米アカデミー賞主催団体の副会長に(07/08/16)
  • 全米映画興行収入=「ラッシュ・アワー3」が初登場首位(07/08/13)
  • ハリウッド俳優の出演料当たり興収、首位はM・デーモン(07/08/08)
  • ディズニー映画、作品中での喫煙描写を禁止へ(07/07/27)
  • 第1回「神州国際映画フェスティバル」、米上院議員が祝辞(07/07/14)