THE EPOCH TIMES

睡眠不足でも、糖尿病のリスク増加

2008年01月03日 12時11分
 【大紀元日本1月3日】米国のシカゴ大学医学部の研究によると、睡眠不足が続けば、体内の糖分処理能力が弱まり、糖尿病になるリスクが増えると指摘した。

 この研究によると、連続3日間睡眠不足の場合、健康成人であっても、糖分処理能力の低下によって、8-13kgの体重が突然増加したのと同じ負担が体にかかることになる。高齢者と肥満者の場合は、さらに睡眠不足の影響を受けやすく、睡眠の質が悪くても糖尿病のリスクが増えることになると、研究者は指摘している。

(翻訳・坂本)

関連キーワード
^