印刷版   

2月19日、パキスタン下院総選挙で野党が圧勝する見通しとなった。写真は18日に撮影した投票風景(2008年 ロイター/Ibrar Tanoli)

パキスタン総選挙、野党が圧勝の見通し=暫定集計結果

 [イスラマバード 19日 ロイター] 18日に投票されたパキスタン下院(定数342)総選挙では、野党が圧勝する見通しとなった。非公式の開票集計結果によると、単独で過半数を獲得する党はない見通しだが、昨年12月に暗殺されたブット元首相が率いた野党・パキスタン人民党と、シャリフ元首相率いる野党・イスラム教徒連盟ナワズ・シャリフ派が、合わせて過半数の議席を抑えたもよう。

 ただ、野党2党は過去、激しいライバル関係にあり、連立を組むかどうかは不透明だ。

 暫定結果では、0720GMT(日本時間午後4時20分)現在の獲得議席数は、パキスタン人民党が80議席、イスラム教徒連盟ナワズ・シャリフ派が64議席。一方、与党でムシャラフ大統領支持派のパキスタン・イスラム教徒連盟(PML)は、37議席と遅れをとっている。

 (08/02/20 03:04)  





■関連文章
  • パキスタンのブット元首相、死因は爆発による頭部強打=英警察(08/02/09)
  • 伊大統領が議会を解散、4月13─14日に総選挙(08/02/07)
  • パキスタン総選挙、公正な選挙実現に向け努力=米国務次官補(08/01/30)
  • パキスタン当局、ブット元首相暗殺事件に絡み2人を逮捕(08/01/21)
  • インド首相の訪中、ライバル中国と共通認識を模索か(08/01/12)
  • パキスタン、核兵器監視団の懸念を否定(08/01/10)
  • 動乱のパキスタン、テロとの戦いの渦中に(08/01/08)
  • ブット元首相暗殺が残す疑惑=ムシャラフ政権と中国の関係(08/01/05)
  • パキスタン総選挙、2月18日に延期(08/01/03)
  • ブット後継19歳長男に、混迷のパキスタンに民主の真空埋める(08/01/03)
  • パキスタン選管、混乱受け総選挙を延期する方針(08/01/02)
  • イスラム圏で初の女性首相暗殺、パキスタン民主化難航(07/12/29)
  • ブット元首相暗殺、アルカイダが犯行声明(07/12/28)
  • 中国当局、昨年5千人処刑(07/09/03)
  • パキスタンのモスク立てこもり、神学生40人・軍の3人が死亡(07/07/10)