THE EPOCH TIMES

≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(26)

2008年04月12日 08時51分

 第四章 独り暴風雨の洗礼に直面する

 母、弟たちとの永遠の別れ

 私が孤児になる運命がすぐそこまで近づいていようとは思いもよりませんでした。運命の手が今すぐにも、慈愛に満ちた、いつも私の命を守ってくれた母と、これまで互いに助け合ってきた二人の可愛い聞き分けのいい弟を、私のそばから永遠に連れ去ろうとしていました。

 生まれたばかりの弟がわずか5日で、飢えのためにこの世を去ったあの日、家の中はまるで一切の生気がなくなったかのようでした。母は三男の「力」をギュッと抱いていました。二男の「輝」は、ずっと黙ったまま母の近くに座っていました。私と長男の「一」は始終母の面前に座り、母が何か言い出すのを待っていました。

 母はとても厳粛な様子でこう言いました。「あなたたち二人はもう大きくなったので、お母さんから離れても大丈夫。これから食べていけるように、お母さんはあなたたちを中国人の家に出すしかないの」。

 私は聞き間違ったのかと思って、驚いて母を見ました。母と別れることなど、私はこれっぽっちも思ってもみませんでした。母と別れるのがどれほど恐ろしいことか、当時の私のあのような境遇では、考えるいとまさえありませんでした。

 母は重ねて、「もしこのままいけば、恐らくみんな餓死してしまう」と言いました。小さな弟の死が母にとってどれほど刺激が強かったのか、当時の私は想像できませんでしたが、母がそのとき下した決断は、その弟の死と大いに関係があったに違いありません。

 母は続けて、「あなたたち二人は、物分りがよく聞きわけもいいので、中国人にきっと気に入られるはず」と言いました。私と長男の「一」はやっと、母が本当に離れていくということがわかり、すぐさま母の懐に飛び込んで泣きました。

 母の言うとおり、私と弟たちは確かに聞き分けがよく、これまで外で面倒なことを起こしたことがありません。今母は、私たちが飢えないように、凍えないようにと考えたからこそ、私と「一」を中国人のもとにやろうとしているのです。当時は、中国人のもとに行くというのが何を意味するのか、わかりませんでしたが、ただ母の言うとおりにしなければならないということだけはわかっていました。

 しかし、ひとたび母や弟たちと別れるとなると、今後どうなるか想像できず、正面から向き合うのも難しいことでした。私と「一」は、この家にいて、寒くてひもじい思いをしてでも、母のそばから離れたくはありませんでした。

母は私を慰めてこう言いました

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^