印刷版   

(写真=SAJJAD HUSSAIN/AFP)

喫煙で記憶力が減退=仏研究所

 【大紀元日本6月18日】米の医学誌『Archives of Internal Medicine』6月9日号によると、フランスの研究機関の研究によって、喫煙は健康を損なうだけでなく、記憶力の減退、ならびに論理的思考能力の低下を引き起こしやすくなることが明らかになったという。

 この研究は、仏国立保健医学研究所(INSERM)が行ったもので、1985~1988年に健康調査に参加した35~55歳のロンドンの公務員を対象に、喫煙習慣について追跡調査を行った。そのうちおよそ4600人は17年間にわたって追跡調査を受けたという。

 調査の結果、記憶力、論理的思考能力、語彙能力、発話能力のテストにおいて、喫煙者は往々にして非喫煙者に比べて劣ることが明らかになった。しかも、喫煙者は、成績が低い下位20%のグループに入る傾向が高かったという。

 また、喫煙は中年期の知力減退と老年認知症などとも関係があるという。

 
(翻訳/編集・リントン)

 (08/06/18 00:00)  





■関連文章
  • 四川大地震:中国募金活動の裏事情(08/06/04)
  • 研究:厳しい母親の子供は、肥満になりやすい(08/04/08)
  • WHO:脳膜炎の新ワクチン間もなく登場(08/03/14)
  • 喫煙は脳卒中の重要な一因=中国(08/03/13)
  • 中国全国政協大会開幕式、江沢民・李鵬欠席、危篤説浮上(08/03/05)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(1):タンポポ(08/03/02)
  • アジア人によく見られる育児の欠点(08/03/01)
  • 6分の睡眠で記憶力アップ=独研究(08/02/29)
  • 英研究:黒コショウが皮膚病治療に効果発揮(08/02/25)
  • 心理老化状態の自己評価(08/02/14)
  • 中国前指導者・李鵬脳卒中、危険な状態(08/02/07)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(7)~最終回~(08/02/06)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(6)(08/02/05)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(5)(08/02/04)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(4)(08/02/03)