印刷版   

モデルが手にしているのは「ボッテガ・ヴェネタ」のバッグ(Christophe Simon/AFP/Getty Images)

メイド・イン・チャイナを嫌う高級ブランド

 【大紀元日本6月25日】お手ごろ価格で、巷に溢れる「メイド・イン・チャイナ」の服。ヨーロッパを代表する高級ブランドの服も中国製なのだろうか。

 ロイターの報道によると、1年前、中国で初めてオープンしたアルマーニ・ショップで、ある男性が2つのTシャツを握り締め、どっちが本物だと怒りながら店員に聞いた。一つは、「メイド・イン・チャイナ」の高価なTシャツで、もう一つは、安価で入手した「メイド・イン・イタリー」。もちろん、本物はメイド・イン・チャイナの方で、イタリー製と謳っている方は偽物だった。なぜなら、アルマーニのTシャツは、既にイタリアで製作されていないからだ。マイナスイメージを嫌う高級デザイナーズ・ブランドショップでは、いまだに「メイド・イン・チャイナ」はタブー。しかし、アジアの安い人件費は、デザイナーたちにとって魅力的だ。

 海外に製作場所を移したほうが、より質が高く、創作性の高い製品が作れると考える経営者もいる。ジョルジオ・アルマーニの副マネージング・ディレクター、ジョン・フックス氏(John Hooks)は、「職人がいて、品質を重視していれば、世界中どこでもいいものがつくれるだろう」と述べている。フックス氏は、人件費を抑えることができれば、より素材とテクニックにお金をかけることができ、従ってコスト高のヨーロッパより、いい製品を作ることが可能だと考える。

 しかし、一方で、ブランド志向の高い買い物客も多く、特にアジア人は生産地に敏感だという。フランスやイタリアを代表するブランド品が、「メイド・イン・チャイナ」であることに、抵抗を示す客は多いと、「ボッテガ・ヴェネタ」のパトリッツィォ・ディ・マルコ社長(Patrizio di Marco)は、述べている。「イメージが大切」と信じるマルコ社長は、同社の製品を全てイタリアで製作している。

 イメージにこだわるか、価格を重視するか。ファッションの本場イタリアでは、すでに一部のブランド品を除いて、安価な中国製品に押され気味だ。高級ブランド・メーカーが「メイド・イン・イタリー」を保つには、新たな戦略が必要かもしれない。

(翻訳・編集=田中)

 (08/06/25 11:16)  





■関連文章
  • 欧州連合、中国製品安全問題の改善を促す(08/06/13)
  • 四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か(08/06/03)
  • 中国トリュフイタリアへ侵入 現地種を脅かす(08/05/21)
  • 「漢服」の変遷と特徴 漢服デザインコンテスト開催中(08/05/18)
  • 【神韻芸術】欧州巡回公演、満場の拍手で閉幕(08/04/20)
  • 中国製薬品による大量死亡事件、偽造原料の使用が判明=米FDA(08/04/20)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)
  • イタリア:低品質ワイン事件、マフィアによるものか(08/04/07)
  • イタリア:モッツァレラチーズからダイオキシン検出(08/03/23)
  • カナダ大手玩具製造メーカー、中国製玩具240万個の回収を発表(08/03/20)
  • 中国製点心からネズミの死骸=韓国(08/03/19)
  • 中国製品、取引企業8割が不安(08/03/15)
  • 日本のブランド米、中国市場で大人気(08/02/22)
  • 中国製冷凍食品の農薬混入問題について(08/02/09)
  • 伊大統領が議会を解散、4月13─14日に総選挙(08/02/07)