印刷版   

露草の花(撮影=大紀元、2008/06/24)

【草木染めの植物】露草(ツユクサ)

 【大紀元日本7月19日】全国各地に生え、短命ながら可憐な青紫色の花を付けるツユクサ科の1年草。染色用の青花紙(あおばな)を作るためには、変種で大型の大帽子花が栽培されていますが、古代から利用されていたようです。『万葉集』(例:つきくさに衣色どり摺らめども うつろふ色と言ふが苦しさ)、『古今集』、『源氏物語』などの文学作品にも見られます。

 【薬用効果】生薬名を鴨頭草といい、天日乾燥した全草を使用します。解熱、解毒、利尿などの作用があります。乾燥物を一日量15~30g煎服し、外用には適量を使用します。また、生の茎葉はよく揉み、絞り汁を虫刺されに塗布します。

 【食用】茎葉はアクが少なく、軽く茹でてサラダ、和え物等にして食べます。生でもおいしく食べられます。

 【染色用】古く万葉時代にはすでに摺染め(すりぞめ)に用いられていました。青花紙はオオボウシバナの花弁を絞って和紙に吸収させて乾燥し、保存します。使用時、水に侵して溶け出した青色液で友禅染などの下絵を描きます。水に溶けやすいので、水洗により容易に青色は抜けます。

 染色するには花弁と花の蕊を分けます。錫媒染で花弁は露草色に、黄色い蕊は黄色に染まります。

露草の花(撮影=大紀元、2008/06/24)

露草(撮影=大紀元、2008/06/24)

(文・ハナビシソウ)

 (08/07/19 11:32)  





■関連文章
  • 【草木染めの植物】十薬(ドクダミ)(08/06/28)
  • 【草木染めの植物】羊蹄(ギシギシ)(08/06/08)
  • 【草木染めの植物】栃(トチ)(08/05/23)
  • 【草木染めの植物】馬酔木(アセビ)(08/05/06)
  • 【草木染めの植物】柊南天(ヒイラギナンテン)(08/04/26)
  • 【ハーブティーを楽しみましょう】(4):カモミール(08/04/16)
  • 【台湾通信】春爛漫、咲き誇る美しい蘭の花(08/04/12)
  • 【草木染めの植物】白木蓮(ハクモクレン)(08/04/07)
  • 【草木染めの植物】桜(サクラ)(08/03/23)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 【草木染めの植物】蒲公英(タンポポ)(08/02/29)
  • 【草木染めの植物】枇杷(ビワ)(08/01/31)
  • 【草木染めの植物】南天(ナンテン)(07/12/25)
  • 【草木染めの植物】菊(キク)(07/11/27)
  • 【草木染めの植物】茶(チャ)(07/11/15)