印刷版   

【漢詩コーナー】涼州詞(王翰)

 【大紀元日本7月20日】

涼州詞 唐・王翰

葡萄美酒夜光杯 
Pútao měijiǔ yèguāng bēi
欲飲琵琶馬上催 
Yù yǐn pípa mǎshàng cuī
醉臥沙場君莫笑 
Zuì wò shāchǎng jūn mò xiào
古來征戰幾人回 
Gǔlái zhēngzhàn jǐrén huí

(訓読)

葡萄の美酒 夜光(やこう)の杯(はい)、
飲まんと欲すれば、琵琶 馬上に催す。
酔うて沙上に臥(ふ)す、君 笑う莫(な)かれ。
古来 征戦 幾人(いくひと)か回(かえ)る。

(日本語訳)

葡萄の美酒を夜光の杯につぎ、
飲もうとすると、馬上で琵琶がそれを促す。
酔って砂上に臥したとしても、どうぞ笑わないでください。
古来より、戦に出て無事帰った人が何人いるでしょうか。


【ひとこと】

 涼州は、今の甘粛省で、西域に通じる門戸であった。その辺境の地で、異民族に備えて駐屯していた防人のやるせない気持ちを歌ったもの。正に西域らしく、琵琶、夜光杯、葡萄酒が詠み込まれ、何ともエキゾチックで新鮮である。王翰(687-726)は、初唐から盛唐にかけての詩人で、酒をおおいに好んだという。

(智)

 (08/07/20 09:02)  





■関連文章
  • 【漢詩コーナー】竹里館(王維)(08/07/02)
  • 【漢詩コーナー】回郷偶書(唐・賀知章)(08/06/13)
  • 【漢詩コーナー】七歩詩(魏・曹植)(08/06/01)
  • 【漢詩コーナー】敕勒歌(北斉・斛律金)(08/05/19)
  • 【漢詩コーナー】母恩 <母の日に寄せて>(08/05/11)
  • 【漢詩コーナー】送元二使安西(唐・王維)(08/04/28)
  • 【漢詩コーナー】遊子吟(唐・孟郊)(08/04/21)
  • 【漢詩】詠知交 (交わりを知る)(08/03/04)