THE EPOCH TIMES

【中国伝統文化】 賢い裁判官

2008年10月24日 00時35分
 【大紀元日本10月24日】古代中国の時代、ある農夫の隣に狩人が住んでいた。狩人は狩猟犬を飼っていたが、この犬は獰猛で、よくフェンスを飛び越えては農夫が飼っている羊を追いかけていた。農夫はたびたび狩人に犬を鎖につなぐよう頼んだが、狩人は全く聞き入れなかった。

 ある日、犬は再びフェンスを飛び越えると、農夫の羊を追いかけまわして、ひどいケガを負わせた。我慢の限界を感じた農夫は町へ赴き、智慧ものと評判の裁判官を訪れた。

 裁判官は慎重に農夫の話を聞くと、次のように述べた。「私が狩人に通告すれば、彼は犬をすぐさま鎖につなぎ、または檻に入れるでしょう。しかし、それによってあなたは友人を一人失うことになり、敵を作ることになります。あなたは、どちらがいいですか。友人がほしいですか、それとも敵でしょうか」。農夫は、友人だ、と答えた。

 「いいでしょう。それでは、私が羊の安全を確保し、なおかつ近所の友人ともよい関係を保つ方法を教えましょう」。裁判官がその方法を教えると、農夫はうなずいた。

 農夫は家に帰ると、早速裁判官の方法に効果があるかどうか、試すことにした。彼は、飼っている羊のうち、最も見栄えのよい3頭を選び出し、それを狩人の幼い三人の息子にプレゼントした。子どもたちは大変喜び、羊と遊び始めた。狩人は、子供たちの大事なペットを傷つけたら大変とばかりに、頑丈な檻を作って犬を常時その中へ入れることにした。その後、犬がフェンスを飛び越えて農夫の羊を襲うことはなくなった。

 農夫からのプレゼントに対するお礼として、狩人は時々捕らえた獲物を農夫に分け与えた。農夫はまたそのお礼として、時々羊の肉や、彼が作ったチーズなどを狩人に分け与えた。そうこうしているうちに、彼らはとても仲のよい隣人となったのである。

 中国には、古くから次のような諺がある。「寛容と慈悲の心を示すことが、人の心をつかむもっともよい方法だ」。また、アメリカには「One catches more flies with honey than with vinegar (甘い言葉の方が辛辣な言葉より多くの成果が得られる)」という言葉がある。古今東西、古人は似たような智慧を持っていたようだ。

(翻訳編集・田中)

関連キーワード
^