印刷版   

2008年10月30日、カナダ保守党新政府は38人の新内閣を発表し、元内閣メンバー全員が保留の上、女性内閣メンバーは11人まで増加した(カナダ政府)

カナダ新内閣発表、経済に重点、民主・自由・人権を強調

 【大紀元日本11月5日】2008年10月30日、カナダ保守党・ハーパー首相は38人の新内閣を発表し、元内閣メンバー全員が保留の上、女性内閣メンバーは11人まで増加した。ハーパー首相は、新内閣の主要任務とは経済対策であるとし、世界的経済危機を乗り切ることに重点を置くと強調した。

 *経済対策は最優先要務

 運輸および基礎建設担当大臣に任命されたジョン・ベイド元環境相は、新内閣メンバーとして、来年は赤字を予測されるカナダ連邦政府予算から資金を獲得し基礎建設を行う任務を背負うことになる。幸いにカナダ政府は経済成長促進させるために、世界金融危機の中でも、大幅の資金を割り当てることにしている。

 カナダの製造業、車産業等経済金融の打撃を受けている現況下、トニー・クレメント元保健相が産業相に任命されたことに対して、民衆の期待が高まった。クレメント産業相は、カナダの競争力を強化し経済危機を乗り越えることが目標であるとし、オンタリオ州、ケベック州を含む各地区への策略性計画に取り組むことが最優先であると意気込みを見せた。

 ジム・プレンティス新環境相はエネルギーの安全問題、環境および経済問題が目下もっとも挑戦的な議題だとし、経済の衰退情勢に連れられて、これらの問題処理はより困難になると分析した一方、これらの問題に対して今後は積極的に立ち向うと前向きな姿勢を示した。

 *「親華遠共」方針打ち出す

 今回貿易相に任命され、アジア環太平洋事務を兼任したストックウェル・デイ元治安相は、これまでに華人の中国共産党(中共)脱退を支持した人物で、今後は中共の鷹派に対して、ハーパー首相が提唱する自由民主の価値観を強調するとみられ、中共駐カナダ領事はこれから、この価値観により近い考え方を持つ者の交代が予測される。

 デイ貿易相はかつてオタワで開かれた「九評(共産党についての九つの論評)シンポジウム」および中共を脱退する集会で、「過去数週間で、幾千万人の中国共産党党員が中共を離脱した。何故なら、彼らは大紀元時報で発表された真相を伝える社説(九評)を読んだからだ」と語り、「真相は人々に自由をもたらした」と称えた。

 デイ貿易相は、「現在、中国で発生していることは非常に重要であり、ますます多くの人が、中共の歩む独裁の道はもうはや通じなくなったことに気づき、中共の陣営を離れつつあり、これはとても積極的なやり方」と示した。

 一方、カナダのブルク大学・政治学科で教鞭を執るチャールズ・バートン教授は、前外相は「沈黙外交」に重点を置いていたことに対して、ハーパー首相は新貿易相および新外相が保守党の民主自由の価値観を積極的に広めることに重点を置いていると分析した。

 保守党のディーパク・オブライ下院議員は、「ハーパー首相は、人権がカナダ外交政策の基礎の1つであると示している。これは中国だけに対してではない。われわれはこの政策を今後も実行し、人権問題を含む多くの問題解決に対して努力する。これは決して強硬派のやり方ではなく、これがカナダの価値観および観点である」と強調した。

 ジェイソン・ケニー新移民相兼多元文化相は2005年初頭に、前マデン総理と中国を訪問した時に、趙紫陽氏に対して敬意を表すために旧居を訪ね弔問した。ケニー多元文化相は、趙氏が15年間監禁される中で最初に訪問した西洋諸国の政府関係者である。

 *新内閣メンバー複数、神韻公演を評価

 デイ貿易相は2008年初頭に神韻公演に宛てた祝辞の中で、「カナダは今日まで強く大きく成長できたとは、多元文化の力とかけ離れられないことだと認識している。華人コミュニティーがカナダに対して貢献したことを華人たちは誇りに思うべきだ」と示し、「華人の皆さんは尊い家庭価値観、仕事に対して勤勉に働く態度、互いに尊重し合う考え方および民主・法治への尊重をカナダにももたらした。これらのことは皆さんが誇りを持つべきものだ」と語り、「華人たちが関与し、われわれの価値観を維持することに尽力してくれたことによって、カナダはこれからも成長し続けさらに強大になる」と強調した。

 一方、フレアティ財政相はかつて神韻公演に宛てた祝辞の中で、「カナダはすでに世界各地、特に中国からの人々が住みたい場所として選ばれている。それによって、カナダがより裕福になった」、「カナダが強くなったことは、その多元性にあるのだ」とし、「あなたたちのような人々は、カナダ社会に対して価値では測りきれない貢献された」と強調した。

 ケニー移民相兼多元化相は祝辞の中で、新唐人テレビが担っている責任および費やした努力で、中国の伝統文化・芸術をカナダにもたらしたことに対して称賛し、「自分の文化を異なる民族と享受でき、コミュニティー間の交流と理解を深める良い手本にしてくれた。この中で、われわれは共に知識を増長し、多元化文化を豊富することができた」と称えた。

 *女性大臣増加

 今回の新内閣メンバーの中で4人の女性が新しいメンバーとして任命された。レオナ・アグルッカグ氏が保健相に、リサ・レイット氏が天然資源相、ガイル・シア氏が漁業相に就き、リネ・イエリッチ氏が副大臣として指名された。これで全閣僚の約3分の1は女性が占めることになった。

 新内閣メンバーの就任宣誓および記者会見後、第1回の内閣会議は同日の午後に行われた。カナダの国会は11月18日に再開する。

 
(翻訳編集・余靜)


 (08/11/05 06:33)  





■関連文章
  • 何清漣:中国の経済危機、五輪前に露呈(08/11/03)
  • 経済報道を制御、取材先指定=北京当局(08/10/31)
  • 日本大手電子部品メーカー、中国で大規模なリストラ(08/10/28)
  • メルケル独首相、胡佳氏「サハロフ賞」受賞歓迎示す(08/10/25)
  • 監禁中の中国人権活動家、欧州議会のサハロフ人権賞を受賞(08/10/25)
  • 中国共産党離脱支援のNPO法人、麻生首相宛てに公開状(08/10/24)
  • 世界金融危機の直撃を免れたカナダ(08/10/19)
  • カナダ下院総選挙:人権外交重視の保守党政権、第一党維持(08/10/17)
  • 中国共産党第17期三中全会、直訴者ら相次いで拘束=北京(08/10/13)
  • 弱者支援の中国人権派弁護士、監禁され虐待に耐える日々(08/10/12)
  • 米印原子力協定、中パの核開発に原因(08/10/10)
  • 民主運動年次大会、中共による妨害の可能性=米国(08/10/10)
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • 土屋都議、中国・人権弾圧に言及=東京都議会定例会(08/10/04)
  • 神韻芸術団: カナダ人映画プロデューサー、「中国舞踊と古典バレエは、違っていて面白い(08/10/02)