印刷版   


中国:厳しい寒波警報発令、緊急措置施す

 【大紀元日本12月5日】中国国内広範囲にわたる地区が近年、稀に見る厳冬に見舞われている。12月3日から5日の三日間、気温の急降下、暴雪、砂嵐、暴風が全国を巻き込むと予測され、中国全省区は12月3日より実施された緊急措置に対応した。

 12月2日、中央気象局は初めて橙色警報を発令してから、3日に寒波が中国大陸の大部分の地区を襲った。新疆ウルムチでは今週の月曜日から16時間も続く降雪で、多くの高速道路を走る長距離バスが妨げられ、旅客3400人が駅で足止めされた。

 中国中央気象局によると、3日午前までに、新疆北部、甘粛省西部、内モンゴル東北部で寒波が大雪をもたらし、これらの地区の気温が8~12度も急降下し、新疆北部の部分地区では18度も一気に下がったという。

 予報では3~4日、東北地区東部の一部地区では暴雪に見舞われ、南新疆盆地、甘粛省中西部、内モンゴル中西部、寧夏北部、陜西北部等地区では砂嵐が予報された。

 また、寒冷空気は12月4日から上海にも影響をもたらし、上海センター気象局は3日午後に、今秋に入ってから初めての寒波警報を発令した。

 北部の強烈な冷たい空気の南下に影響されて、3日の夜からこの冬でもっとも厳しい冷たい空気が湖南省を襲い、暴風と急降下気温の天気になった。気温の下がり方は最大14~16℃である。

 中国気象局局長・鄭国光氏は3日、今回の冷たい空気は広範囲にわたり影響を与え、勢力も強く持続時間が長いことから、近年に稀に見ることであると語った。現在全国23の省区気象部門は緊急状態に応急措置を取っている。
ウルムチ312国道は大雪による交通渋滞
中国大部分の地区では近年稀に見る厳冬に見舞われている(ビデオより)


 4日から5日までに、内モンゴル東北部の局部地区および黒竜江省の大部分、吉林東部、遼寧南部、山東半島等竺では小雨、中雪または雨が混ざった雪が降る予報で、そのうち、黒竜江省東部、山東省半島東北部の一部竺では暴雪に見舞われる。中国東部および南部海域では7~9級の北風の予報が発表された。

 
(翻訳編集・余靜)


 (08/12/05 01:35)  





■関連文章
  • 異常気象で狂い咲きする花たち(08/11/09)
  • 新疆警察隊襲撃事件、実際は警察の内部抗争か(08/10/02)
  • 米人権議員連盟、北京五輪後の中国の人権侵害に注目(08/09/21)
  • 中国当局批判のウイグル女性、逮捕される(08/09/13)
  • 中国当局、断食月妨害でウイグル族同化政策強化(08/09/09)
  • 中国四川省M6・1地震、死者22人、負傷者100人以上(08/08/31)
  • 警察襲撃事件頻発、7人死傷=新疆ウイグル自治区(08/08/30)
  • 新疆・土魯番(トルファン)、史上最高気温47・8度(08/08/23)
  • 東欧:暴風雨で死者5人(08/08/17)
  • バス横転事故発生、24人死亡=新疆ウイグル自治区(08/08/14)
  • 五輪競技、雷雨で中止・中断多発(08/08/11)
  • 新疆ウイグル:武装警察、日本人記者に暴行(08/08/06)
  • 北京五輪、会期中例年よりも多雨高温(08/08/06)
  • 新疆ウィグル自治区:武装警察隊が襲撃され32人死傷(08/08/04)
  • 昆明市バス爆破事件でテロ声明、ねつ造の可能性=欧州ウイグル団体(08/07/29)