印刷版   

米国DAFA投資会社会長夫婦(撮影=衛泳/大紀元)

DAFA投資会社会長の法輪大法とのご縁

 【大紀元日本12月22日】12月20日、神韻ニューヨーク芸術団はフィラデルフィア市のメリアム・シアター劇場で2回目の公演を円満に終えた。 終演後、LLC “JV Invest DAFA Paritet”投資会社会長ダミール・シャキロフ氏は、本紙取材で、公演の素晴らしさや衣裳の綺麗さなどを賛嘆した。

 シャキロフ氏によると、歌の歌詞の中で「DAFA」(「大法」の中国語発音)という単語が繰り返えし歌われるが、彼の会社の名前は実は「DAFA」と言う。この社名は、自分の名前Damirと友人の名前Farelからつけた。昨年、中国を訪れたことがあるが、社名を示した際、中国当局からきつく尋問されていた。しかし、当時、彼は法輪大法のことを全く知らなかった。

 同氏は今日、法輪功が中国で迫害を受けている演目を観て、法輪大法のことについてはじめて知った。自由社会に暮らす人々にとって、この迫害について想像すらできないが、しかし、このような迫害は確実に行われている。

 同伴した奥様は、この公演を見られ実に幸運であり、感動的である。この素晴らしい感覚は心の底から湧きあがっているもの、と興奮した口調でコメントした。

 ロシヤ語新聞で公演の関連記事を読んで、チケットを買い、高校生の娘とその友人を連れて観賞しに来たという。

 インタービューで、妻は「素晴らしい、素晴らしい」と繰り返し、また「家族全員も見ることができて、とても嬉しい。この公演は私が見た公演の中でもっとも素晴らしいものである。舞踊を演じる女の子たちは高貴で雅やかで、動作が非常に美しく調和的である。女の子たちは、時には大勢で、時にはまるで一人のようになる。本当に不思議である」。

 高校生の娘ダイアナさんと友人のアーロン・グレイさんは、不思議な感銘を受けたと話し、美しい演目に、ただ「驚いた」(Amazing)としか言い表すことができないという。

 公演を鑑賞して最大の収穫は、中国で法輪功学習者に対する迫害が行われていることを知ったことだと、家族全員がそろって言う。高校生の二人は、「豊かな舞踊や鮮明な色彩に感動した。この公演から多くのものを学ぶことができた」と連れてきてくれた親に感謝しているとした。奥様は、「ソビエト共産党の支配下に暮らしていた者たちにとって、中国共産党が法輪功を迫害しているのは十分理解できる。多くの人がこの事実を知り、この迫害を食い止めるようにしてほしい」と話した。

 
(記者・衛泳、黄常静/翻訳・小林)


 (08/12/22 05:57)  





■関連文章
  • 市民活動を活性化、東京・代々木で「NPOまつり」開かれる(08/10/20)
  • 迫害を停止せよ! さわやかな潮風に響く雄渾のマーチ(08/08/11)
  • 【8月13日(火)】愛知県豊田市で第13回の真善忍」国際美術展の開催(08/07/28)
  • カナダ首相ら、法輪功の記念日に祝賀状(08/05/14)
  • 残忍な迫害を止めろ!天空に轟く「雷神の響き」(08/04/29)
  • 四日市で国際「真善忍」美術展 (08/04/26)
  • 呂秀蓮・台湾副総統、神韻芸術祭鑑賞=台北(08/03/16)
  • タイ法輪功への理由もなき拘留に抗議、駐日タイ大使館に釈放を求める=日本法輪大法学会(08/02/29)
  • 来日中の唐家セン国務委員に要請文、法輪功への迫害停止を訴え=日本法輪大法学会(08/02/22)
  • 12月21日~三鷹で写真展「ファールンダーファ・ハオ(法輪大法好)」(入場無料)(07/12/16)
  • 香港強制送還事件:23カ国の法輪大法学会、公開抗議声明を連名で発表(07/07/07)
  • 札幌:初めての大規模な集会とパレード、中国の迫害真相を訴える=法輪功(07/06/03)
  • 横浜:法輪大法デー、祝賀祭開く(07/05/14)
  • カナダ首相、法輪大法週間に祝賀状 (07/05/13)
  • 仏上院シンポジウム、中国人権状況の悪化に注目(07/01/14)