印刷版   

東京にこんな風景があったとは(大紀元)

東京・浜離宮 菜の花30万本満開

 【大紀元日本3月21日】東京のサラリーマンの街・新橋から徒歩15分ほどのところに、浜離宮恩賜庭園がある。

 東京湾に隣接するこの庭園は、徳川将軍家代々の庭園であるとともに、江戸城の出城としての機能も兼ねていた。明治維新後は皇室所有の「浜離宮」となり、昭和20年11月に東京都へ下賜された後は、四季折々の花と野鳥が人々を癒す都心のオアシスとして現在に至っている。

 東京では少し歩けば汗ばむほどの暖かさとなった19日、満開の菜の花を目当てに同園を訪れた。

 広々とした園内にふりそそぐ陽光が心地良い。ふと見ると、日本庭園にはつきものの錦鯉がここの池には全くいないことに気づく。それもそのはずで、東京湾の海水を引き入れた潮入池であるため、錦鯉の代わりに、関東では「イナ」と呼ばれるボラの幼魚が水面を跳ね飛んでいた。

 園内の一角が、まぶしいほどの黄色に輝いている。

 その数30万本といわれる浜離宮の菜の花が、いま満開の時を迎えていた。

 花畑のなかの小道を往けば、ひととき俗世を離れて、天上世界に身を置いたような嬉しい錯覚をおぼえてしまう。風がそよぐと辺り一面にただよう甘美な香りが、さらに人々を陶酔させるのである。

 都心にあって、ここだけはゆるやかな時間が流れる「不思議な空間」を発見した気がした。
香りも芳しい菜の花(大紀元)
花の海を歩く(大紀元)
花の海を歩く(大紀元)
花の海を歩く(大紀元)
写生にひたる至福のひと時(大紀元)
周囲の高層ビルと対照的な花畑(大紀元)


 
(記者・鳥飼)


 (09/03/21 10:36)  





■関連文章
  • 中共脱党者5000万人突破、東京で堂々のパレード(09/03/02)
  • 【家庭料理】今が旬、菜の花の肉巻き照り焼き(09/02/26)
  • 中学校校長「生徒に推薦したい」=神韻東京公演(09/02/12)
  • デヴィ夫人「とても優美で優雅」=神韻東京公演(09/02/12)
  • 東京・中国大使館前:人権活動家ら、迫害停止訴える(09/01/10)
  • 雨天も変える力強い演奏、天国楽団が新ユニフォーム=東京・三軒茶屋(08/12/15)
  • 世界トップの台湾FPD業界、都内で記者発表会(08/10/29)
  • 市民活動を活性化、東京・代々木で「NPOまつり」開かれる(08/10/20)
  • 東京国際映画祭、日本とアジアの映画スターの輝き(08/10/20)
  • 秋空に響く雄渾のマーチ「法は乾坤を正す」(08/10/12)
  • 世界の国からコンニチハ!旅行博2008(08/09/23)
  • 夢の東欧・ハンガリーの魅力(08/09/18)
  • 東京に「ねぶたの神」が降りてきた!=立川「羽衣ねぶた祭り」開幕(08/08/16)
  • 炎天下の東京、「フリー・ウイグル!」(08/08/04)
  • 熱帯夜に咲いた華、「足立の花火」(動画)(08/07/26)