印刷版   

パリの小さなうたいびとは、7月14日のフランス革命記念日でもパフォーマンスを行った。(Stephane De Sakutin/AFP/Getty Images)

無償で歌うことを禁じられた子供たち

 【大紀元日本5月9日】フランス政府は最近、有名な少年合唱団「パリの小さなうたいびと "Les petits chanteurs a la croiz de bois"」の公演を禁止させた。

 フランス議会によると、子供たちは、本人らが無償で歌いたいか否かに関わらず、雇用契約と給与が与えられるべきだという。

 あるジャーナリストは、これでは中国の労働搾取工場で出来た服を取り扱っていた為に閉店させられたスーパーの話と同じような理論だと、皮肉をこめてコメントした。

 合唱団は1905年に9歳から15歳の少年から編成され、平和へのメッセージを歌う事で世界中の人々に愛されている。最近アジアツアーを終えたばかりだ。

 
(記者:ガッツィー・クリステル 翻訳:西村)


 (09/05/09 11:20)  





■関連文章
  • 遺体の出所不明、人体の不思議展に禁止命令=フランス(09/04/25)
  • ハリケーンクラスの強風で死者15人=スペイン・フランス(09/01/28)
  • ポーランド首相、ダライ・ラマとの会見に積極姿勢(08/12/01)
  • 米議会議員68人が連署で、新唐人テレビの放送再開をユ社に要求(08/10/25)
  • 中国製ソファーで、皮膚病発症=欧州(08/09/23)
  • 訪仏のダライ・ラマ、大統領夫人と外相と会談(08/08/24)
  • 米議員:新唐人テレビ、中国大陸向け放送再開呼びかける(08/08/23)
  • 北京五輪開会式:「56民族の子どもたち」、実は漢民族(08/08/18)
  • 中共の孤立希望しない=ダライ・ラマ(08/08/15)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 仏で再び放射能漏れ事故発生(08/07/21)
  • 青くライトアップされたエッフェル塔(08/07/03)
  • 四川大地震:我が子亡くした親たちが抗議活動、綿竹市市委書記が土下座(08/05/31)
  • 大連国際空港、中国人女性が4か国語で罵り合い(08/04/23)
  • 欧州、中国への警戒感強まる(08/04/16)