印刷版   

メキシコでM6・9の強震発生

 【大紀元日本8月4日】3日、現地時間午前11時ごろメキシコ及び米サンディエゴでM6・9の強い地震が発生した。メキシコ、カリフォルニア湾地区の町では強烈な揺れを感じ、さらには米アリゾナ州フェニックスでも揺れを感じたという。今のところ死傷者の情報は伝わっていない。米国地質局が伝えた。

 今回の地震の震央は米国と国境を接する都市ティファナの南東553km。同地区ではM5・0を超える地震に襲われ、その中で最も強い揺れがM6・9であった。

 メキシコ・ソノラ州Bahia Kinoの旅行会社経営者は、地面が揺れるに従い、ドアが猛烈な勢いで閉まった、皆非常に驚いていた、と語っている。

 震源に最も近いバハ・カリフォルニア州およびソノラ州の職員の話では、今のところ被害情報は入っていないとのことだ。

 米政府は、ハワイ及び太平洋沿岸地域の津波発生の危険はないと伝えている。区域性津波が発生する危険はあるものの、米国地質局及びメキシコ地方政府は太平洋沿岸地域の津波警報は発令していない。

 科学者は揺れの激しい地区では一部、地下水による地滑りや土砂崩れの可能性があると見ている。

(翻訳編集・坂本)

 (09/08/04 15:13)  





■関連文章
  • 雲南省でM6.0地震、死傷者300人超    (09/07/10)
  • 四川省で震度5・6の地震、軽傷者十数人(09/07/01)
  • 中国16省で洪水・冠水発生、死者41人(09/06/12)
  • メキシコ:保育園火災で園児31人死亡(09/06/07)
  • ホンジュラス沖地震 M7.1 「革命の橋」が一部崩落(09/05/30)
  • 新型インフル世界的流行の可能性=サイエンス誌(09/05/17)
  • 四川地震予測した農民、肉眼で天体を観察して30年(09/05/17)
  • 中国四川省大地震1周年、当局は被災者の声を封鎖(09/05/13)
  • 四川大地震被災地:母のいない「母の日」(09/05/10)
  • 四川大地震から1年、依然報道規制=連行された英紙記者明かす(09/05/10)
  • 新型インフルか、空港から病院へ隔離=台湾(09/05/04)
  • 香港で新型インフル確認、患者は上海を経由(09/05/02)
  • 新型インフル:米政府関係者メキシコで感染(09/05/02)
  • 新型インフル:米国で初の死者、警戒水準「5」へ(09/04/30)
  • 豚インフルエンザ:メキシコで死者81人、米国で感染拡大か(09/04/27)