印刷版   


デフリンピック2009台北、開幕式の芸術的な花火

著者:呂展源

 【大紀元日本10月1日】

 デフリンピックはアジアでの開催が初めてで、勿論、台湾での開催も初めてである。今回の撮影隊が順調に撮影できて、素晴らしい作品を出すことができたとは、リーダー・梁朝安氏の大いなる協力があったからこそで、とにかく感謝。

 花火の撮影を追いかけて数十年間、豪州シドニーの大晦日からニューイヤーの「年を跨いだ花火」、パリ・エッフェル塔の花火ショー、日本の三尺玉、北京五輪、高雄世界陸上、高雄世界運動会および台北のデフリンピックなどなど、国際的盛会で展開される花火ショーの全てに参加し、素晴らしい花火の写真をカメラに全部収めることができて、全く悔いのない人生である。残りの人生もさらに多くの国で花火を味わうことができて、特色のある花火を写真に収め、花火のファンと応援者にフィードバックしたい。

 注:

 障害者スポーツにおける最初の国際競技大会であるデフリンピックは、4年に1度、夏季と冬季に分かれている。世界規模で行われる聴覚障害者のための国際総合競技大会のデフリンピックは、1924年にフランスで夏季の第1回、1949年にオーストリアで冬季の第1回を皮切りとして、今日に至る。

 「第21回夏季デフリンピック台北2009」は9月1日~15日。日本選手団は金5個、銀6個、銅9個の計20個のメダルを獲得し、好成績を収めた。第22回夏季デフリンピックは、2013年7月31日~8月31日、ギリシャ・アテネで開催予定。








(翻訳編集・豊山)

 (09/10/01 05:00)  





■関連文章
  • ヨーロッパ最大最長の花火大会(09/09/28)
  • 熱烈歓迎!花の博覧会へ=台湾観協来日、東京各地でPR(09/09/19)
  • 女子バレー界の「鉄のハンマ―」、中国初のクラブチーム監督に就任(09/08/14)
  • 盲人の中国人女性 4カ国語精通、米有名大学に合格(09/07/30)
  • 夏の風物詩 隅田川花火大会(09/07/28)
  • 1000人の食事ショー、世界最長の晩餐になるか=台北(09/07/06)
  • 神韻台北公演、大盛況のうちに閉幕=台湾(09/03/03)
  • CCTV新社屋ビル火災、容疑者12人を拘束=北京(09/02/13)
  • 【英国通信】季節はずれの花火大会で大賑わい(08/11/08)
  • 英国議員、北京五輪参加選手を非難(08/09/07)
  • 何清漣:金メダル獲得数世界一で失ったもの(08/09/04)
  • 花火工場で爆発事故で15人死亡=内モンゴル自治区(08/09/02)
  • 北京五輪、金メダル1個獲得に100億円!?=問われる中国の「挙国体制」(08/08/30)
  • 中国五輪メダル金51銀21銅28、四川地震発生日時と偶然一致(08/08/29)
  • 中国体操選手の年齢水増し疑惑:専門家、IOCの調査結果を疑問視(08/08/25)