印刷版   

法廷の前で集会を行う法輪功学習者(大紀元)

華人による暴行事件を再審 「中共の浸透に警戒せよ」=在米法輪功学習者

 【大紀元日本10月16日】米ニューヨークのクイーンズ地方裁判所は13日、フラッシング地区のチャイナ・タウンで在米中国人の徐河(シーホー)被告が昨年10月に法輪功学習者を襲った事件を再審理した。この事件は、昨年5月ごろから多発していた、華人グループが法輪功学習者を襲う「フラッシング事件」のひとつ。事件の背景には、中国領事館の存在があったとされている。数十人の法輪功学習者が裁判所の前で集会を開き、中国当局が領事館を通じて海外の法輪功を迫害していると訴えた。

 事件の発端は、昨年10月、フラッシング地区の自治会リーダー、マーサ・ワズクイズさん(Martha Flores-Vazquez)を法輪功学習者と勘違いした華人グループが、彼女に嫌がらせを始めたことだった。その様子をビデオカメラで撮影していた法輪功学習者の張徳容さんが、徐河被告に襲われ、ビデオカメラを破壊された。現場に駆けつけた警察が救急車を呼び、負傷した張徳容さんを病院に搬送した。後に、警察は第3級暴行罪、第4級傷害罪などで同被告を起訴した。

 マーサさんの証言によると、当時、彼女は正体不明の華人グループから、テーブルを倒したなどと因縁をつけられ、嫌がらせを受けた。後に彼女が法輪功学習者ではないと知ったこれらの華人は、和解を求めてきたという。

 マーサさんは、「もし私が法輪功学習者なら、このような仕打ちを受けるのか」と怒りをあらわにした。

 昨年5月中旬から、米ニューヨーク・フラッシング地区のチャイナ・タウンで、中国共産党からの離脱運動を支援する法輪功学習者らが、相次ぎ謎の華人グループから脅迫、暴行を受けるという事件が多発していた。駐ニューヨーク中国領事館の彭克玉総領事が事件への関与をほのめかす電話の録音テープも公開されている。一方、彭総領事は公開されたテープに関して、沈黙を守っている。これまでに、23人の加害者が逮捕され、複数の被告が罪を認めている。

 13日の集会に参加したジュディ・陳さんも、フラッシング暴行事件の被害者だという。ジュディさんの証言によると、昨年、同地区で彼女は華人グループに殴られ、頭部と顔を負傷し、「殺害する」という脅しを受けたという。ジュディさんは「中国当局の影響がアメリカに浸透している危険性を認識してほしい。中国共産党がアメリカの国土で、その血まみれな恐怖政治を密かに蔓延させていることに、警戒すべきだ」と訴えた。

(記者・李明、翻訳編集・叶子)


 (09/10/16 07:42)  





■関連文章
  • 9年間の離別、「国慶節」での死別-ある中国人夫婦の実話-(09/10/12)
  • 第23回「真善忍」国際美術展、東京・西大島で開幕(09/10/09)
  • 米国下院と欧州議会で、中国の民主・人権問題を問う(09/10/03)
  • 10月1日「国殤日」、中国大使館前で静かな抗議(09/10/02)
  • 法輪功創始者、「傑出したスピリチュアル・リーダー賞」を受賞(09/09/29)
  • 中共の法輪功迫害にNO! 横浜でパレード(09/09/29)
  • 国連総会へ訴え:「中共の犯罪に沈黙してはいけない」=米法輪功(09/09/26)
  • 臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国(09/09/23)
  • 秋晴れの空に響く雄渾のマーチ:秋葉原で脱党パレード(09/09/21)
  • 鳩山新政権に、家族の救出支援を請願=在日華人(09/09/19)
  • 韓国で中国人集団暴力事件 中国大使館が関与か(09/09/16)
  • 国外政治家を手込めにする中国当局の手口=元諜報員が公開(09/09/16)
  • 中国共産党と国慶節(09/09/11)
  • 「脱党こそ愛国」=元「人民日報」記者、脱党の意義を語る(09/09/09)
  • 関西在住法輪功学習者、韓国政府の難民申請者強制送還に抗議(09/09/01)