印刷版   

エルサルバドル・ヒキリスコ湾(Jiquilisco Bay)のマングローブに覆われた保護区に生息するオオアオサギ(Jose CABEZAS/AFP/Getty Images)

野鳥たちのサンクチュアリ=エルサルバドルのマングローブ

 【大紀元日本10月29日】

 広大なマングローブで有名なエルサルバドル東部のヒキリスコ湾。55kmにわたる海岸線には27の島があり、87種の渡り鳥が生息している。

 海に落ちた葉や枝が海洋生物の餌となり、良好な食物連鎖を織りなすマングローブには、潮が引くと鳥たちが餌を求めて現れる。渡り鳥にとっては越冬地へ移動する時の中継点であり、海鳥たちの繁殖地でもある。

 以下は、22日にヒキリスコ湾マングローブ湿地保護区で撮影されたもの。

 (Jose CABEZAS/AFP/Getty Images)


ミサゴ

ダイサギ

ペリカン

ウィルソンチドリ

ウィルソンチドリ

カッショクペリカン

ユキコサギ

ベニヘラサギ

シロトキの群れ

保護区内のLa Pirraya島

(翻訳編集・坂本)


 (09/10/29 05:00)  





■関連文章
  • 鳥インフル第2段階の感染期に突入=香港(09/02/18)
  • 香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か(08/12/16)
  • 香港:野鳥からH5N1型ウイルス、人感染拡大を懸念=専門家(07/06/11)
  • 世界一長寿者とされるエルサルバドル人女性、128歳で逝去(07/03/17)