印刷版   

「梨園弟子」は『新唐書・礼楽志』から由来する言葉である。梨園は地名で、現在の西安市内に位置する。

中華典故:梨園弟子

作者:茹之

 【大紀元日本11月3日】

 1300年前の唐の時代に国を統治していた唐玄宗は音楽を好み、音律にも精通し、作曲も得意であった。唐玄宗は唐の宮廷楽団を「立部伎」および「座部伎」に分け、「立部伎」は立ったままで演奏し、室外で行う比較的に規模の小さいもの。「座部伎」は室内で座って演奏し、規模は比較的大きく、豪華さと迫力を重んじるものだった。

 唐玄宗は、梨園で選び抜いた300人に自ら音楽を教え、間違いがあるとすぐに指摘し正すなど厳しく指導していた。その場所には、梨が多く植えられていたことから「梨園」といわれている。唐玄宗の指導を受けた300人は後に、梨園弟子と呼ばれた。演出に参加した数百人の女官も梨園弟子と呼ばれた。

 かつて、玄宗が寵愛した楊貴妃のために建てられた「華清宮」は、外国の使節を迎えることにも使用されるようになった。迎賓大使が天子の聖旨を捧げ歩いてきて、梨園弟子が奏でる雄壮な古楽が鳴り響くと共に、8人の雄雄しい旗手が厳かに貴賓を迎える。そして、6人の女官は綺麗な衣装を身にまとい、宮灯を手に青銅製の鏡を献上し道案内する。梨園弟子はしなやかに舞い始め、迎賓を迎える豪勢な儀式を繰り広げる。大唐天子の最高威儀が表現できる。

 後に「梨園」は、劇場または演劇界の別称になり、「梨園弟子」は歌曲、演劇、舞踊等を行なう芸人を指すようになった。

 
「正見ネット」より抜粋


 (09/11/03 05:00)  





■関連文章
  • 20世紀最高のチェリスト、パブロ・カザルスの「断る勇気」(09/09/28)
  • 英研究:脳卒中患者の回復に音楽が効果的(09/04/25)
  • 英「オアシス」中国ツアー、公演許可突如取り消し(09/03/09)
  • 神韻大阪公演:音楽評論家「中国五千年の歴史を伝えた」(09/02/19)
  • カナダ国務相:正義が邪悪に勝つことは、永久不変のテーマ(09/01/14)
  • 中国古代音楽:身体に優しい5つの音色(08/11/01)
  • 中国著名画家・范一鳴さん、北京で拘束(08/10/25)
  • 漢字の神秘(2):薬(08/07/25)
  • 気軽に楽しむアンサンブル(第3回):濁世清蓮(08/07/01)
  • 2億700万円契約獲得、神父が一躍音楽スターに=アイルランド(08/04/30)
  • 若手映画音楽家、韓国大統領就任式の音楽創作 (08/02/23)
  • 【神韻芸術】とても興味深い音楽=三味線奏者(08/02/17)
  • 【ショートストーリー】盲目の楽士(08/02/12)
  • 香港のソニーBMGなど音楽大手3社、中国の百度公司を著作権侵害で提訴(08/02/06)
  • 気軽に楽しむアンサンブル(第2回):「泥人」(08/02/01)