THE EPOCH TIMES

【日本語に生きる中国故事成語】 「完璧」ぐ~のね

2010年12月11日 07時00分
 【大紀元日本12月11日】

 『完璧志向が子どもをつぶす』(原田正文著、ちくま新書)

 精神科医の著者は、長年の臨床経験と子育て実態調査に基づき、現代の親たちの完璧志向の弊害を指摘し、「70点の育児」を提唱する。

 何事も完璧を追い求めれば追い求めるほど、深みにはまってしまい、しまいには身動きが取れなくなる。子育ても同じで、親の身勝手な期待を一身に背負わされた子供はなんと不幸なことであろうか。

 「完璧」ということばは、中国の次の故事に由来する。

 戦国時代、趙の恵文王は、楚の国から「和氏の璧」と呼ばれる立派な宝玉を手に入れた。それを聞きつけた秦の昭王が十五の城と交換してほしいと申し出た。昭王の約束は信用できないが、大国・秦の申し出を無下に断るわけにもいかないと考えあぐねていると、家臣の藺相如(りん・しょうじょ)が「私が参ります。もし城が手に入らないようであれば、必ず璧を無傷のままで持って帰ります」と申し出た。

 藺相如が秦に使いに行くと、案の定、秦王は璧を手に取って満足げながらも約束を守る心意が見られなかった。そこで、藺相如は「璧には傷があります。王にそれをお見せしましょう」と言って、璧を取り返した。そして、璧を手に柱に向かうと、憤怒の形相で「王には約束を守る心意がないようです。ならば、私はここで頭を璧とともに柱に撃ちつけ、璧を砕いてしまいます」と言った。

 秦王は非礼を詫び、地図を見せながら十五の城を与えると約束したが、藺相如はもはやそのことばを信じることはなく、従者に命じてこっそりと璧を趙に持ち帰らせた。

(史記・廉頗藺相如伝より)

 この故事の中で、藺相如が趙王に約束した「璧を無傷のままで持って帰ります」の中国語が「完璧而帰」(壁を完[まっと]うして帰らん)であり、「完璧」ということばはここから生まれた。

 ところで、「完璧」は日本語では本来、「完璧な演技」のように、まったく欠点がないことを言ったが、若者の間では「完璧に忘れてた」のように、「完全に」と同義で使われることがあるようだ。これは「完璧に使いこなす」といった本来用法の延長線上に派生したものだと思われるが、筆者には馴染めない。

 そんなことを考えていると、友人が『完璧ぐ~のね』というタイトルの歌があると教えてくれた。AKB48のメンバーで結成された「渡り廊下走り隊」が歌う歌だが、この「完璧」とはどういう意味なのか。「完璧な彼氏にぐうの音も出ない」ということなのか、はたまた、「完璧に(まったく)ぐうの音も出ない」ということなのか。筆者には定かでない。

 
(瀬戸)


関連キーワード
^