ベラルーシが「中国の砦」に 50億ドルの巨大都市建設 EU上陸拠点として

2013年05月28日 14時30分
【大紀元日本5月28日】中国は、東欧のベラルーシ首都・ミンスク市近郊で巨大新工業都市を建設する計画を進めている。対欧州連盟(EU)とロシアの進出拠点として活用される見通し。ブルームバーグが27日に伝えた。

 両政府関係者によると、「ユーラシアの現代都市」と呼ばれる同プロジェクトが完成すれば、敷地面積112平方キロメートルに15万5千人の居住が可能になる。建設予算は50億ドルと伝えられている。ベラルーシ政府はすでに同プロジェクトの建設を中国に許可した。

 両政府が発表した建設計画によると、新都市を独ベルリン、露モスクワに繋げる高速道路が新たに建設される。 さらにミンスク国際空港から高速鉄道網が各都市を結ぶ。新都市はポーランドとリトアニアまで170キロに位置し、ロシアとカザフスタンでは中国産製品に対する免税措置が適用されるなど、中国からの輸出にとって好条件が揃う。

 新都市建設の第一段階の完了は2020年と予定されており、次の段階完了にさらに10年が割り当てられているという。

 建設計画の許可を受けて、駐ベラルーシ中国大使・宮建偉氏は中国国営テレビで17日、「計画はユニークだ。EUのどの国もこのような巨大工業地域を作ることは出来ないだろう」と今後、中国が同地域で強い影響力を持つことを示唆した。

 ブルームバーグの取材に答えた、ベラルーシ経済省の元官僚キリル・コロティブ(Kirill Koroteev)氏の話によると、建設資金の半分は中国からの低金利融資。技術および労働力は中国側が提供するという。「中国からの融資は非常に有利な条件だった。他の銀行からの投資では考えられない」と答えた。融資に参加したのは中国輸出入銀行と中国開発銀行だという。

 ベラルーシは「中国の砦」に

 旧ソ連に属していた同国では、2009年以後、国際通貨基金やロシアから65億ドルの緊急資金援助を受けるなど、赤字経済が続いている。近年、巨額投資をちらつかせる中国に目を向けていた。

 一方、 野党への弾圧が続き、民主化を拒んでいるとして、米国は同国の国営企業の在米資産を凍結するなどの制裁を加えている。現ルカシェンコ首相は1994年より4選連続で大統領職に就いており、「欧州最後の独裁者」と揶揄される人物だ。

 昨年4月、温家宝首相(当時)はポーランド首都ワルシャワで開催された、「中国および中・東ヨーロッパ諸国首脳会談」で中・東ヨーロッパ諸国の経済発展に寄与することを約束した。戦略研究シンクタンクの専門家は、「ベラルーシはむしろ純粋に、『EUにおける中国の砦』になりたがっていた」と分析している。

(翻訳編集・佐渡 道世)
関連キーワード
^